富士通、国際エネルギースタープログラム4.0に対応したコンパクトサーバ発売 | RBB TODAY

富士通、国際エネルギースタープログラム4.0に対応したコンパクトサーバ発売

エンタープライズ モバイルBIZ

PCサーバ「PRIMERGY TX120 S2」
  • PCサーバ「PRIMERGY TX120 S2」
 富士通は19日、「国際エネルギースタープログラム4.0」に世界で初めて対応したPCサーバ「PRIMERGY TX120 S2」を発表した。23日より販売開始となる。

 「国際エネルギースタープログラム4.0」は、世界7ヶ国・地域で実施されている、2007年7月に新基準となったオフィス機器の国際的な省エネルギー制度。「PRIMERGY TX120 S2」は、1WAYコンパクトサーバ「PRIMERGY(プライマジー)TX120」の後継機。低消費電力のインテルCore2 Duoプロセッサー T9400(2.53GHz)/P8600(2.40GHz)、インテルCeleronプロセッサー575(2GHz)を採用したことに加え、電源変換効率の向上や冷却ファンの削減により、従来モデル比31%減となる120ワットまで最大消費電力を低減させた。24時間365日の運用下において換算すると、年間電気料金で約5,300円、CO2排出量で187キログラムの削減となるとのこと。また、ハードディスクには、信頼性の高い2.5インチSASハードディスクを最大4台まで搭載可能。RAID構成のバリエーション拡充により、RAID1+0の選択が可能となっている。なお、現在販売中のPRIMERGYにおいて、Windows Server 2003 R2のパッケージ製品および正規OEMライセンスの提供終了に伴い、Windows Server 2008ダウングレードサービスの提供が開始される予定。

 最小構成タイプ「PRIMERGY TX120 S2」(インテルCeleronプロセッサー575 2GHz×1、メモリ1GB、ディスクレス)の価格は17万5,300円〜(税込)。なお、3月31日まで期間限定の新発売キャンペーンモデルも販売される。TX120 S2キャンペーンモデル(型番PGT12224SW)はCore2 Duo P8600 2.40GHz 、メモリ1GB、HDD147GB×2(RAID1)、オンボードSASコントローラ、DVD-ROM、Windows Server 2008 Standardダウングレードサービス付き(Windows Server 2003 R2、SE)の構成で価格はオープン価格。富士通ショッピングサイト「WEB MART」での「TX120 S2 キャンペーンモデル」の販売価格は42万5,300円(税込)。なお「国際エネルギースタープログラム4.0」制度に適合したモデルは「PRIMERGY TX120 S2 キャンペーンモデル」のみとなる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top