ロジテック、スクエア形状と3色カラバリでデザイン性の高いICレコーダー | RBB TODAY

ロジテック、スクエア形状と3色カラバリでデザイン性の高いICレコーダー

IT・デジタル その他

ホワイト
  • ホワイト
  • ブラック
  • ピンク
 ロジテックは5日、microSDHC対応ICレコーダー「LIC-SR500」シリーズを発表。11月下旬より販売する。価格はオープンで予想実売価格は、4GBのmicroSDHCカード付属の「LIC-SR500M04」が16,800円前後、2GBのmicroSDカード付属の「同M02」が13,800円前後。

 同シリーズは、高性能の無指向性ステレオマイクと、microSDHCカードスロットを搭載した携帯用ICレコーダー。スクエアの形状と、ホワイト/ブラック/ピンクのカラーバリエーションを持ち、デザイン性を重視した点が特徴となっている。

 M04は最大272時間、M02は最大136時間の録音(LPモード時)が可能。USBポートを搭載しているため、録音データをPCを転送にすることができる。また、ノイズ除去、音楽ファイルのフォーマット一斉変換、0.5倍から2倍までの倍速再生、無音部分の検出機能に対応したファイル分割機能を搭載。iTunesへの転送機能などを装備した音声編集ソフトウェア「らくチューン」を付属する。

 そのほか、マイク/Line-IN端子を備えているため、ラジオやレコード、CDなどの外部ソースからも録音可能(別途ケーブル必要)。ドットマトリックス液晶での表示で、バックライト付きとなっているため、暗い場所でもメニューの確認や操作を行なえる。

 再生データ形式はMP3/WMA。記録データ形式はMP3。インターフェースはUSB2.0/3.5mmステレオミニ×2。バッテリは単4形乾電池×2で、連続駆動時間(理論値)は15時間。本体サイズは、幅33×高さ15×奥行き117mm、重さは40g。付属品はUSBケーブル(1m)/イヤホン/4GBのmicroSDHCカードもしくは2GBのmicroSDなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top