ソニー、使いやすさを配慮したICレコーダーのベーシックモデル——実売6,000円前後 | RBB TODAY

ソニー、使いやすさを配慮したICレコーダーのベーシックモデル——実売6,000円前後

 ソニーは6日、初心者向けに大型のボタンと液晶を搭載したICレコーダー「ICD-B61」を発表。9月10日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は6,000円前後。

IT・デジタル その他
ICD-B61
  • ICD-B61
 ソニーは6日、初心者向けに大型のボタンと液晶を搭載したICレコーダー「ICD-B61」を発表。9月10日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は6,000円前後。

 同製品は、容量512MBの内臓メモリを搭載。最長約301時間の録音が可能で、最大99ファイルを保存できる。

 録音の残り時間や録音日時などが見やすい大きめの液晶ディスプレイを搭載。また、大型の操作ボタンや音量設定ダイヤルを採用し、初心者でも操作しやすいデザインになっている。

 なお、PC接続用のUSB端子などは装備しておらず、録音データの外部機器への転送はサポートしていない。

 径10mmのマイクユニットを内蔵。スピーカーは径28mmで、最大出力が250mW。バッテリは単4形電池×2で、連続駆動時間は録音時が約22時間、再生時が約11時間(ともにSP時)。別売りのACアダプタにも対応する。本体サイズは幅34.6×高さ109.5×奥行き18mm。重さは65g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top