フリースケール、i.MX31アプリケーション・プロセッサがWindows Automotive 5.5 | RBB TODAY

フリースケール、i.MX31アプリケーション・プロセッサがWindows Automotive 5.5

 フリースケールは10日、i.MX31マルチメディア・アプリケーション・プロセッサがMicrosoft Windows Automotive 5.5に対応したことを発表した。ボード・サポート・パッケージ(BSP)として発売される。

ブロードバンド その他
 フリースケールは10日、i.MX31マルチメディア・アプリケーション・プロセッサがMicrosoft Windows Automotive 5.5に対応したことを発表した。ボード・サポート・パッケージ(BSP)として発売される。

 i.MX31プロセッサは、ARM11コアを採用し民生用と車載用の2つのグレードが用意されている。民生用i.MX31プロセッサは携帯電話、ポータブル・マルチメディア・プレーヤなどの民生モバイル製品に採用されており、車載用のi.MX31Cプロセッサは、Automotive Electronics Council(AEC: 米国車載電子部品評議会)のQ100認証(AEC-Q100)仕様に準拠した車載専用製品として提供され、最大400MHzの処理速度とL2キャッシュなどの効率的なメモリ・システム、-40〜+85の動作温度範囲が特徴となる。

 今回のWindows Automotive 5.5対応BSPの発売に対し、マイクロソフト ディベロップメントITS戦略統括部の 平野元幹統括部長は「業界内で要望の強い高信頼性と進化した HMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)の実現を支援するこのBSPにより、市場のニーズに応える高機能、高性能の車載情報端末の開発が加速されると期待しています。マイクロソフトは今後もフリースケール・セミコンダクタ社と協力し、より一層質の高いカーライフ/エンターテイメントの実現に取り組んでいきます。」とのコメントを寄せている。

 i.MX31Cマルチメディア・アプリケーション・プロセッサは、すでに量産体制に入っており、フリースケール製品の販売代理店または営業所から購入可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top