日本オラクルがコンセプトカー公開!車載LAN&Java搭載 | RBB TODAY

日本オラクルがコンセプトカー公開!車載LAN&Java搭載

エンタープライズ ハードウェア

日本オラクルが製作したIoT時代のコンセプトカー
  • 日本オラクルが製作したIoT時代のコンセプトカー
  • 日本オラクルが製作したIoT時代のコンセプトカー
 日本オラクルは2日、組み込み用途の「Oracle Java Embedded」やビッグデータ・アナリティクス基盤を活用した、コンセプトカーを製作したことを発表した。4日に開催される「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン2014」で初公開する予定だ。

 このコンセプトカーは、あらゆるものがインターネットにつながる「Internet of Things(IoT)」時代を見据えたものとして開発されており、車載LANシステムを搭載したBMW X5をベース車両としている。

 イータスが提供するECU統合計測・適合・診断ツール「INCA(インカ)」により、走行速度・エンジン回転数・アクセル開度などの車両情報を取得し、「Oracle Java ME Embedded 8」が車両情報の収集・送信およびセンサーの制御を行う。また「Oracle JavaFX Embedded」がダッシュボードへの表示を行う。これら機能は、フリースケールのマイクロプロセッサ「i.MX 6シリーズ」上で動作する。

 「i.MX 6シリーズ」プラットフォームには、車両の各種センサー情報を識別・集約してサーバへつなぐセンサー・ゲートウェイ機能として「Oracle Event Processing for Embedded」も搭載。これらの情報を長期的に蓄積し、走行情報の分析および車両側へのフィードバックも可能。サーバサイドは、インメモリ・プロセッシング、ビッグデータ分析に対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top