NTT東日本・西日本、ビジネスイーサ ワイド新機能「LAN/WANモニタ」の提供開始 | RBB TODAY

NTT東日本・西日本、ビジネスイーサ ワイド新機能「LAN/WANモニタ」の提供開始

 NTT東日本およびNTT西日本は8月1日より、「ビジネスイーサ ワイド」のあらたな機能として、ビジネスイーサワイドに接続されるLAN内端末機器の監視を行う「LAN/WANモニタ」の提供を開始する。

ブロードバンド その他
サービス利用イメージ図
  • サービス利用イメージ図
 NTT東日本およびNTT西日本は8月1日より、「ビジネスイーサ ワイド」のあらたな機能として、ビジネスイーサワイドに接続されるLAN内端末機器の監視を行う「LAN/WANモニタ」の提供を開始する。

 従来から提供してきた回線監視機能に加え、ユーザ端末機器の監視まで、ネットワーク全体を一体的に監視するサービスとなる。ビジネスイーサ ワイドのLAN内端末機器を、NTTがビジネスイーサ ワイド網から監視する方式で、故障時には指定のアドレスにメールを送信できるほか、端末機器の稼働状態を専用のポータルサイトにて確認できる。稼働中の端末機器の性能やアプリケーションのレスポンスなどを測定することも可能。

 ping監視利用のベーシックプラン(最大5端末まで)と全機能利用のアドバンスプランが用意されており、それぞれ月額利用料は1575円、6825円となる。そのほか1通信グループごとに9450円の月額基本料、工事料が加算される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top