NTT Com、クラウド型の大容量仮想ハードディスクサービス「Bizシンプルディスク」提供開始 | RBB TODAY

NTT Com、クラウド型の大容量仮想ハードディスクサービス「Bizシンプルディスク」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Bizシンプルディスク」概要
  • 「Bizシンプルディスク」概要
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3日、高品質で安価なクラウド型サービスとして、データバックアップやアーカイブの利用に適した、大容量仮想ハードディスクサービス「Bizシンプルディスク」の申し込み受付を開始した。

 「Bizシンプルディスク」は、堅牢な国内データセンターを利用し、安価な大容量仮想ハードディスクサービスサービスとして提供するもの。ユーザ自身で新たな機器購入や設置場所の確保、保守運用を行う必要がなく、初期費用は無料に設定されている。月額料金は210,000円(税込)/10テラバイト(ギガバイトあたり単価21円)。必要に応じペタバイトクラスまでディスク領域の増減が10TB単位で可能。さらに、データを複数の領域に書き込むことで堅牢性99.9999999999%(12-nine)の高い信頼性を実現している。

 想定利用シーンとしては、ITシステムや重要データのバックアップ、動画データなどの大容量データのアーカイブなど。その他、ユーザ所有のデータセンター内サーバやNTT Comのホスティングサービス「Bizホスティング」をアプリケーションサーバとして組み合わせることにより、ITシステム全体をアウトソースすることが可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top