NTTデータ、「BizXaaS」マイグレーションサービスに「COBOLクラウド」メニューを追加 | RBB TODAY

NTTデータ、「BizXaaS」マイグレーションサービスに「COBOLクラウド」メニューを追加

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

従来手法とCOBOLクラウドを用いたダウンサイジングのイメージ比較
  • 従来手法とCOBOLクラウドを用いたダウンサイジングのイメージ比較
 NTTデータは27日、レガシーマイグレーションをクラウドで実現するサービスとして、総合クラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース)」マイグレーションサービスに「COBOLクラウド」メニューを追加、提供を開始した。

 「COBOLクラウド」メニューは、メインフレーム上に構築されているIT資産に対し、クラウド環境を活用して低コストでオープン系システムへの移行(ダウンサイジング)を実現するサービス。BizXaaSで提供するクラウド環境に、ミッションクリティカルシステムで実績のあるオープン系基盤ソリューション「PORTOMICS」を組み合わせ、BizXaaSのクラウド環境上にPaaS形態で提供する。バッチジョブ制御、階層型DBアクセス、特殊ファイルアクセスなど、メインフレームシステム特有の代表的な機能群をクラウド環境上で提供する。

 従来は、メインフレームシステムとオープン系システムのアーキテクチャの違いにより、メインフレームシステム上のIT資産を移行するためには、既存プログラムの大幅な修正やレガシー機能に相当する開発が必要となることが多かった。「COBOLクラウド」メニューでは、従来は個別SIが必要であったメインフレームシステムのマイグレーションを業務プログラムの移行だけで実現可能とした。NTTデータでは、BizXaaSマイグレーションサービスを2011年度に5件、3年で50件程度導入することを目指す。また、適用先システムの導入に合わせてAMO(運用保守代行:Application Management Outsourcing)サービスも提供する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top