富士通とインテル、IoTソリューションの構築で連携 | RBB TODAY

富士通とインテル、IoTソリューションの構築で連携

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

両社連携ソリューションの適用例
  • 両社連携ソリューションの適用例
  • 島根富士通での実証実験(PoB)イメージ
 富士通とインテルは13日、IoTソリューション領域での連携を発表した。富士通研究所の分散サービス基盤技術と、インテルIoTプラットフォームとを連携させることで、包括的なIoTソリューションの構築を目指す。

 製造、流通、公共の3分野における展開を目指し、島根富士通において実証実験を行う。すでに5月より、リジェクト品の修理を行うリペア工程の可視化など、工場のさらなる見える化に向けた取り組みを行っているという。

 富士通の分散サービス基盤技術は、センターと拠点を含むネットワーク全体にサービス機能を配備し、これらの一元的な管理を可能にする。これにより分散処理の最適配置を、自動的に行える。そのためには、センター側にすべての処理を集中させず、ゲートウェイ側で一部を行う必要があるが、「インテルIoTゲートウェイ」を導入することで、短期間でのシステム環境構築が可能となる見込みだ。

 今後、富士通とインテルは、他の製造拠点へも展開。さらに流通・公共分野でも、2015年度中に実証実験を開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top