自治体の窓口業務を簡易化する新型裏書システム「PASiD」 1枚目の写真・画像 | RBB TODAY

自治体の窓口業務を簡易化する新型裏書システム「PASiD」 1枚目の写真・画像

トッパン・フォームズは、今年秋からのマイナンバー制度施行に伴い、自治体の窓口業務を大幅に簡易化する新型裏書システム「PASiD/パシッド」の販売を4月1日より開始する。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

マイナンバー制度によるICカード交付は本人確認が必須のため、窓口業務の増加が予想される。同社は導入後の保守もグループ会社で対応する(画像は同社リリースより)。
マイナンバー制度によるICカード交付は本人確認が必須のため、窓口業務の増加が予想される。同社は導入後の保守もグループ会社で対応する(画像は同社リリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. カラオケ店が中継スタジオに ~ シダックス、業界初の「USTREAMルーム」を導入

    カラオケ店が中継スタジオに ~ シダックス、業界初の「USTREAMルーム」を導入

  3. 【視点】世界一薄い!福島発のシルクで生み出す新たなビジネス

    【視点】世界一薄い!福島発のシルクで生み出す新たなビジネス

  4. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  5. KDDI、テレビ通販でauスマホを販売……ショップチャンネルに初登場

  6. NTT、世界最大規模の量子コンピュータを実現する新手法を確立

  7. 【今週のエンジニア女子 Vol.9】チームのコミュニケーションがプロダクトの価値を高める……鈴木泰子さん

  8. 東芝、メガネ型ウェアラブル端末を発表……作業現場のハンズフリー化を実現

  9. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  10. ソフトバンクの電気事業、「ソフトバンクでんき」ブランドで展開

アクセスランキングをもっと見る

page top