和田アキ子、西村大臣の“暴言”を痛烈批判「ソフト恐喝」 | RBB TODAY

和田アキ子、西村大臣の“暴言”を痛烈批判「ソフト恐喝」

エンタメ その他
和田アキ子 (Photo by Christopher Jue/Getty Images)
  • 和田アキ子 (Photo by Christopher Jue/Getty Images)
【PICK UP】
※「坂道グループ」専門ニュースはこちら

 和田アキ子が、11日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、西村康稔経済再生担当相の暴言を痛烈批判した。


 明日から東京で発令される4度目の緊急事態宣言。飲食店での酒類は一律停止となるが、それにあたり西村大臣は、「酒類の販売業者に対して、提供禁止に応じない店とは取引をおこなわないよう要請する」と見解を示している。これに対して和田は「ちょっとこれは(飲食店への)イヤがらせというか、ソフト恐喝」と批判。

 だが西村大臣はそれにとどまらず、「酒類の提供停止を拒む飲食店の情報を、取引している金融機関に流して(停止を)順守するよう働きかける」と、独裁的な発言を繰り返したが、これは1日で撤回された。

 これまで東京で敷かれていた「まん延防止等重点措置」では、酒類提供が夜7時まで、営業時間は夜8時までだった。和田は「私たち飲んだり食事するほうもそれに慣れてきて、お店の人もこれでやっていくしかないと、夜8時まで食べていただいて、その間にギュッと詰まったサービスをお届けしますとやってきたのに、またこれだから、もう飲食店、どうしたらいいのか分からないと思う」と、飲食業界の今後を案じていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top