BABYMETAL、博多華丸娘召喚でステージに…SNSでは「最近のテレビ出演の中ではダントツ」の声 | RBB TODAY

BABYMETAL、博多華丸娘召喚でステージに…SNSでは「最近のテレビ出演の中ではダントツ」の声

エンタメ 音楽
 BABYMETAL(SU-METAL、MOAMETAL)が無観客で行われた『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK)に初出演。2018年にメンバーが脱退している彼女たちは、サポートメンバーを加えた3人でパフォーマンスを披露した。

 2010年にデビュー後、2014年には武道館ワンマンライブ2DAYSを開催し、女性アーティストとしては史上最年少記録を樹立したBABYMETAL。世界的にもファンが多く、2019年に発売したアルバムは、アメリカのロックチャートで1位を獲得している。

 彼女たちの大ファンだという審査員の宮崎美子は「東京ドームのライブにも観に行きましたし、“私も頑張ろう”って気にしていただける。本当に楽しみに参りました!」と語った。

 今回は、2013年にリリースした『イジメ、ダメ、ゼッタイ』を披露。統一感ある黒の衣装に身を包んだBABYMETAL は“アベンジャーズ”と呼ばれるサポートメンバーの1人・岡崎百々子と3人でパフォーマンスを行った。

 ネットでは「BABYMETAL最高やった…」「最近のテレビ出演の中ではダントツだと思いました」と絶賛。岡崎は、お笑い芸人・博多華丸の娘としても知られており、彼女の勇姿を見届けたファンは「百々子の笑顔良かった」「百々子ちゃんの笑顔にほっこりしながら 岡崎家も同じように待機してたんだろうかと思ったら さらにほっこりしてもうた」「サポートは岡崎百々子ちゃん?初出場やからさくら学院生で揃えてきたんか~!」との声があった。

《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top