NMB48のユニット・LAPIS ARCH、夏祭り感たっぷりのオンラインライブ開催!浴衣姿も披露 | RBB TODAY

NMB48のユニット・LAPIS ARCH、夏祭り感たっぷりのオンラインライブ開催!浴衣姿も披露

エンタメ 音楽
(C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
 NMB48の梅山恋和、上西怜、山本彩加によるユニット・LAPIS ARCH(読み:ラピスアーチ)が21日、単独ライブ『NMB48 FIRST ONLINE LIVE 2020 LAPIS ARCH~Power of LAPIS ARCH~』を無観客でのオンラインライブとして開催した。


 ライブでは3人がパフォーマンス力の高さを見せつけたほか、3台のケータイを駆使しながら、生の自撮り映像を届けるというイマドキな演出で、ティーン女子の可愛さをさく裂。さらにオンラインライブならではのバーチャル背景を利用したパフォーマンスを披露する場面などもあった。

 また、質問コーナーのVTRの間に制服衣装に着替えた3人は、客席フロアに置かれた、ビーチパラソルやビーチボールなどの“夏セット”をバックに、「今から夏を楽しみたいと思います!」と、「夏の催眠術」の間奏で、ヨーヨー釣り対決を繰り広げるなど、夏祭りを満喫。上西がかき氷を一口食べて、ソロで「波乗りかき氷」を披露したかと思えば、今度は梅山が浴衣姿で登場。かつて南沙織や森高千里などが歌って大ヒットしたアイドルソング「17才」をソロ曲として歌い上げた。その後、浴衣姿の3人がそろい、線香花火を楽しみながら「僕の打ち上げ花火」、「最後の五尺玉」と、花火曲を畳み掛け、最後はNMB48のニューシングル『だってだってだって』のカップリング曲として収録されている「好きになってごめんなさい」を初披露して本編が終了した。

 アンコールのMCで山本は「想像していたよりも皆さんと会えない時間が続いています。こんな状況の中で、私たちが今できることは、ファンの皆さんに笑顔や元気や勇気を届けることだと強く思いました。今日は初めてのオンラインライブで、ファンの皆さんがいない、この景色が初めてだったので、少しでも喜んでいただけたら嬉しいなと思って、自分たちで(ライブの告知の)動画を作ってみたりして、私たちなりに精一杯やってきました」と、不安が募る心情を吐露。続けて「これからもどういう状況になるかわかりませんが、新しいことが出来るチャンスをもらえた気がしているので、私たちは新しい一歩を踏み出したいなと思います。絶対に後悔はさせないので、これからもNMB48について来て下さい!」と、前を向いて進み続けることを力強く宣言した。

 山本からライブの感想を聞かれた梅山は「やっぱりファンの皆さんに生でライブを観ていただきたかったという気持ちはもちろんあるんですけど、オンラインでも私たちの魅力やパワーや愛をたくさん伝えられていたらいいなと思いました!」と笑顔。上西も「大好きな2人といっぱい練習して、今日は(その成果を)出しきれました!」と、満足げに語った。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top