国分太一、ジャニー喜多川さんの死去に涙「気持ちの整理がつかない」 | RBB TODAY

国分太一、ジャニー喜多川さんの死去に涙「気持ちの整理がつかない」

TOKIOの国分太一が10日放送の『ビビット』(TBS)でジャニー喜多川さんの死去について語った。

エンタメ その他
 TOKIOの国分太一が10日放送の『ビビット』(TBS)でジャニー喜多川さんの死去について語った。

※乃木坂46関連ニュースをチェックする

 VTRが開けると国分は黒のスーツに黒のネクタイの喪服姿で登場。そして、涙を流しながら「この顔は一番ジャニーさんが嫌がってると思うんですけど」と切り出し、「残念です。お伝えしているようにジャニーズ事務所取締役ジャニー喜多川が昨日なくなりました。87歳でした。気持ちの整理がつかないまま、番組の時間が来てしまいました」と語った。

 さらに「本当に、泣いてる姿見たらジャニーさん相当怒ると思うんですけど、こんなつもりじゃなかったですけど、すみませんジャニーさん」と謝罪。13歳の頃に出会い、それから31年になると国分。「その31年の間で、ジャニーさんにはエンターテインメントの素晴らしさ、そして仕事の魅力、素晴らしさたくさんのことを教えてもらいました。この番組を始める時も非常に迷いました。でも僕の心の中にはジャニーさんがずっと言っていた『Youやっちゃいなよ』っていう、その言葉がずっと胸の中にあります。これはいろんなことをチャレンジしている。ジャニーズ事務所の所属タレント全員が持っている言葉です。『Youやっちゃいなよ』という言葉で新たな挑戦、チャレンジをできるようになったんだと思っています」と話した。

 そして「本当に感謝しかありません。ジャニーさん、本当にありがとうございました」と感謝を語った。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top