有村架純が“禁断の恋”に挑戦!「3年間好きだった男の子がいました」と初恋も告白! | RBB TODAY

有村架純が“禁断の恋”に挑戦!「3年間好きだった男の子がいました」と初恋も告白!

有村架純、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が5日、都内で行われた火曜ドラマ『中学聖日記』制作発表会見に出席した。

エンタメ その他
有村架純【撮影:小宮山あきの】
  • 有村架純【撮影:小宮山あきの】
  • 夏川結衣、岡田健史、有村架純、町田啓太、吉田羊【撮影:小宮山あきの】
  • 岡田健史、有村架純【撮影:小宮山あきの】
  • 有村架純【撮影:小宮山あきの】
  • 岡田健史、有村架純、町田啓太【撮影:小宮山あきの】
  • 岡田健史【撮影:小宮山あきの】
  • 吉田羊【撮影:小宮山あきの】
  • 町田啓太【撮影:小宮山あきの】
 有村架純、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が5日、都内で行われた火曜ドラマ『中学聖日記』制作発表会見に出席した。

 10月9日からTBS系列で放送される同ドラマは、片田舎の中学校を舞台に、婚約者がいながらも、赴任先の学校で出会った10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田)に心惹かれていく女性教師・末永聖(有村)の“禁断の純愛”を描く。

 主演の有村は、同ドラマについて「非常に難しい作品ですし、聖として晶に向かっていく気持ちを、どう表現していいのかを悩んだりしています」と苦労を明かしつつ、「いろんな葛藤がこの作品を良くさせるんじゃないかなって思うので、楽しく見てほしいなって思います」と笑顔でアピールした。

 “女性教師”の役作りについては、「聖は国語の教師なので、実際に20代の女性の国語教師の方にお話をうかがって、役を近づけていきました。実際に教壇に立って、生徒たちから一斉に見られると、堂々としていなきゃってすごく思いますね」と演じた感想を語った。

 同ドラマで芸能界デビューを果たし、会見に登場するのもこの日が初めてという岡田は、「毎日刺激的な日々を送らせていただいています。たくさんの方々のおかげで、毎日現場で晶を生きることができています」と初々しいコメント。

 有村に一目ぼれをし、キスシーンもある役どころの岡田。有村と撮影に臨んだ心境について、岡田が「すごく緊張しました。有村さんは今まで画面越しで見ていたので、(初対面のときは)『お~』と思いました」と率直な感想を吐露すると、一方の有村も、岡田との撮影について「すごく楽しいです。(岡田は)目から気持ちが伝わってくるので、毎日たくさん心が動かされていて幸せです」と笑みをこぼした。

 「禁断の恋」を描くドラマにちなみ、「忘れられない初恋は?」と質問されると、有村は「小学校の四年生から六年生まで、3年間好きだった男の子がいました。バレンタインに2回渡して、1回お返しをくれたんですけど、気持ちはわからずでした」と“初恋エピソード”を告白。

 相手の男の子について「バスケットを頑張ってる方で、背が高かったです」と打ち明け、「でも、恥ずかしくて全然しゃべれなくて、私のハサミが落ちていたのを拾ってくれて『これ誰の?』って言われて、『あ、それ私の…』っていうのが精一杯でした」と甘酸っぱい思い出を披露した。

 吉田は、初恋の相手について「毎日のように遊んでいた近所の1つ上のお兄ちゃんでした。ある夏の日に、近所のプールにそのお兄ちゃんと一緒に入っていて、お兄ちゃんと水の中でそっと、こう(キス)したのは覚えていますね」と告白していた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top