高橋真麻、悪質タックル問題に「監督は生徒を守るっていう体制が全くない」 | RBB TODAY

高橋真麻、悪質タックル問題に「監督は生徒を守るっていう体制が全くない」

エンタメ その他

高橋真麻【撮影:竹内みちまろ】
  • 高橋真麻【撮影:竹内みちまろ】
 フリーアナウンサーの高橋真麻が22日、『バイキング』(フジテレビ)に出演。番組ではアメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルを行なった問題を特集。高橋は内田正人前監督の囲み取材での対応について語った。

 囲み取材で内田前監督は「全ては私の責任」と謝罪。辞任を表明したものの、命令があったか否かなどの肝心な質問については「文書で回答する」として明言を避けていた。

 これらの対応に高橋は「監督が言うことを全て正しいと思わせてしまっていた体質がよくないと思う」と内田元監督の指導を批判した上で、「しかも今回、監督は生徒を守るっている体制が全くなくて、記者会見も全く謝罪になってなくて、今日午後加害者側の学生が会見をするので、(加害者も)『このまま僕が主張しなければ、僕が自分の判断でやったことになってしまう』って言う意思が働いたから会見することに至ったわけじゃないですか。そうせざるを得ないほど監督は生徒のことも守ってないし、責任も取れてない」と指摘した。MCの坂上忍は「監督であり、(日本大学の)ナンバー2ですから、“日大が”ということなんじゃないかと思う」と大学側の責任についても言及した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top