吉田羊、ダークな子供時代を告白!安住アナも思わず「闇が深い......」 | RBB TODAY

吉田羊、ダークな子供時代を告白!安住アナも思わず「闇が深い......」

エンタメ その他

橘志帆役:吉田羊≪撮影:中尾真二≫
  • 橘志帆役:吉田羊≪撮影:中尾真二≫
  • 吉田羊【写真:竹内みちまろ】
 23日放送の『ぴったんこカン☆カン』(TBS)に、吉田羊が出演。10歳の頃の逸話に小池栄子ら他の出演者が驚きの声をあげる場面があった。

 進行役の安住紳一郎アナウンサーから、10歳の頃はどうだったかを聞かれた吉田の口から飛び出したのは、「根暗でした」と意外な答え。この日の共演者、伊藤蘭や小池栄子らと意気投合してロケを楽しんでいたこともあり「友達に囲まれてそうだけど......」と一同はこの答えにびっくり。「成績も中の下で勉強も嫌いだった」とますますダークな子供時代を告白する吉田に、安住も思わず「闇が深い......」と呟くことに。

 さらに、吉田の根暗発言に首を傾げる一同を納得させるためか、吉田は「卒業アルバムの寄せ書きでクラスの男の子から、『君はもう少し明るかったら良かったのにね』って書かれるくらい、根暗だったんです」と根暗の証拠となるエピソードも告白した。

 一方この吉田の告白に「何そいつ!」と噛み付いたのが小池栄子。小池は「一生残るもんにそんなこと書かなくても!親も見るのに」と、あまりにも無神経な吉田の同級生に怒り心頭の様子。怒りがおさまらないまま「そいつ元気にしてんですか!」とまるで姐御さながらに息巻き、安住アナに制される場面もあった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top