ニッチェ・近藤、失恋を告白!バカリズムのツッコミに「裁判ですか?」と涙目 | RBB TODAY

ニッチェ・近藤、失恋を告白!バカリズムのツッコミに「裁判ですか?」と涙目

エンタメ その他

ニッチェ・近藤くみこ
  • ニッチェ・近藤くみこ
 31日に放送された『良かれと思って!』(フジテレビ系)で、ニッチェ・近藤くみこが過去の失恋を明かした。

 それは一昨年のこと、会社を経営するある男性とのエピソードだった。男性から「女性として素晴らしい」「ぽっちゃり体型も好きです」などと約30分口説かれたという。近藤は「私を口説いているんですか?」と改めて確認すると「そうだ」という返事が返ってきたのだとか。

 「気持ちを持っていかれた」という近藤はその男性とデートを何度か重ねた。だが3か月経っても何ら進展しない関係に不安を覚えた近藤が、自分のことをどう思っているのか聞くと、男性からは「友達だと思っている」というまさかの返事が。以来、その彼とは音信不通になっていると話した。

 その話を聞いていたバカリズムは男性側に立ち、「近藤さんのことを全然タイプじゃないと思ったんじゃないですか。別に何か盗まれたわけでもないし」と指摘。それでも近藤が「その人に割いた時間がもったいない」と反論すると、「そういう考えが良くない。お互い割いているわけだから」と返してきた。

 近藤はガックリと肩を落としながらも「思わせぶりな態度を取っていたのに」と再び反論するとバカリズムは「ちゃんとやさしく接していただけ」と一蹴し、さらには「向こうは付き合おうとは言わなかったんですよね」などと攻撃すると近藤はついに、「なんかごめんなさい」と謝ってしまった。

 それでもバカリズムは追及の手をゆるめず「音信不通になる前に何かあったんですか?」とツッコむと近藤は涙目になり、「……これは裁判ですか?」と一言。

 だが近藤が、「最後は私のほうから『もう連絡しません』と言ったんです」と明かすと、バカリズムは、「ほら、ほら!だからそこをちゃんとしておかないと!今まで男のほうから音信不通になったという印象になってたでしょ。彼女が印象操作をしたんですよ!」とまくしたて、「こういうケースは必ずしも男が悪者なわけじゃないんですよ!」と敏腕弁護士ばりに演説。近藤は押し黙ったままだった。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top