6割近くが避難せず!福島県沖地震及び津波への避難行動に関する調査結果 | RBB TODAY

6割近くが避難せず!福島県沖地震及び津波への避難行動に関する調査結果

IT・デジタル その他

平成28年11月22日に発生した福島県沖地震の際の「避難の有無」と「避難する事を考えたか」に関する調査結果(画像はプレスリリースより)
  • 平成28年11月22日に発生した福島県沖地震の際の「避難の有無」と「避難する事を考えたか」に関する調査結果(画像はプレスリリースより)
  • 「避難をしなかった」と回答した人の主な理由(画像はプレスリリースより)
  • 平成28年11月22日に発生した福島県沖地震における避難行動の調査結果(画像はプレスリリースより)
  • 避難手段に関する調査結果(画像はプレスリリースより)
  • 車での避難を選んだ人の主な理由(画像はプレスリリースより)
  • 避難先に関する調査結果(画像はプレスリリースより)
 石巻市、東北大学災害科学国際研究所、サーベイリサーチセンターの3者は、平成28年11月22日に発生した福島県沖地震における地震及び津波に対する避難行動の状況を把握するために共同調査研究を実施し、結果を発表した。

 調査対象は、石巻市本庁区域内かつ平成23年3月11日に発生した津波浸水域に、現在居住する5,000世帯。

 同調査により明らかになったのは、避難をしなかったのは、全体の56.5%にまで上り、その中でもそもそも避難すること自体を考えなかった人は、63.2%に及んでいる。

 平成28年11月22日に発生した福島県沖地震では、午前6時2分に津波注意報、午前8時5分に避難指示、午前8時9分に津波警報という流れで、注意報&警報が発表され、石巻市からも避難指示が発令されたが、「大きな津波は来ないと思った」や「テレビ・ラジオ等での情報収集を優先した」という理由から、避難しなかったそうだ。

 避難手段に関しては、「車」が54.6%に上り、続いて「徒歩」が32%となっている。「車」を避難手段に挙げた人の多くは、「安全な場所が遠い」「車が大切な財産(失いたくない)」という理由が共に4割以上となっており、避難行動の傾向も明らかになっている。

 同調査では、他にも総合防災訓練への参加経験の有無や、東日本大震災の被災経験が活かされたかなどの設問も設けられており、防災に関する貴重な調査結果となっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部のおすすめ記事

特集

page top