テロに対抗しうる世界の最新技術&製品5選 | RBB TODAY

テロに対抗しうる世界の最新技術&製品5選

IT・デジタル セキュリティ

ディフェンス・レイバー・エアロの防犯監視システム「DEFENDER-X」(撮影:防犯システム取材班)
  • ディフェンス・レイバー・エアロの防犯監視システム「DEFENDER-X」(撮影:防犯システム取材班)
  • 最新のICT技術を用いた次世代警備スタイル「ALSOKハイパーセキュリティガード」。写真はウェアラブルカメラと顔認証を組み合わせた未登録者検出デモ(撮影:防犯システム取材班)
  • フリアーシステムズジャパンの長距離監視・国境/沿岸用赤外線サーマルカメラ「FLIR HDC」。人は18km先まで、車なら22km先までとらえられるハイセキュリティ向け製品(撮影:防犯システム取材班)
  • 爆弾の設置場所として利用されやすいゴミ箱を強化することで被害の軽減を目的とした爆発抑制ゴミ箱「DynaKEEPR L4」(撮影:防犯システム取材班)
  • “銃撃を受けても壊れない”が特徴となるスリーディーの防弾ステンレス製監視カメラ(撮影:防犯システム取材班)
 世界各国で起きているテロ事件のニュース報道を見るたびに「どうすれば防げるのか?」という無力感にも似た思いを抱く。

 一方で日々、最新のセキュリティ技術を取材していると、「もしかすると世の中のテロ事件を抑止できるのは?」といった期待が持てる製品や技術に出くわすこともある。

 今回は、取材をするなかで出会った最新のセキュリティ技術を紹介していこう。

●悪事を考えている人間をカメラで見極め!?




【関連記事】
監視カメラで人間の精神状態を可視化……防犯監視システム「DEFENDER-X」

 まず紹介するのは、「2015 Japan IT Week 秋」にてディフェンス・レイバー・エアロが出展した防犯監視システム「DEFENDER-X」。体が無意識に発している振動と人の感情の相関関係をもとに、対象者がどんな心理状態にあるかを監視カメラの映像から自動で解析し、不審者を検知するシステムだ。

 すでに複数の企業が同システムを使った製品・サービスを展開しており、セキュリティ業界では注目の技術といえる。

【採用企業例】
人間の心理状態を可視化する技術が自動販売機にも採用




遠隔監視からテロの未然防止が可能な防犯機能付きゴミ箱




監視カメラ映像から人の感情を可視化して不審者を検知! ALSOKが新技術を初公開



《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top