私立恵比寿中学と本田紗来が始球式…「夢がもうひとつできた」 | RBB TODAY

私立恵比寿中学と本田紗来が始球式…「夢がもうひとつできた」

 5月31日に西武プリンスドーム(埼玉県所沢市)で開催されたプロ野球・埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズの試合前に、アイドルユニット私立恵比寿中学と、子役タレント本田紗来による、9名での始球式が行なわれた。

エンタメ スポーツ
埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズ始球式
  • 埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズ始球式
  • 埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズ始球式
 5月31日に西武プリンスドーム(埼玉県所沢市)で開催されたプロ野球・埼玉西武ライオンズ対横浜DeNAベイスターズの試合前に、アイドルユニット私立恵比寿中学と、子役タレント本田紗来による、9名での始球式が行なわれた。

※オススメ > アイドル始球式まとめ

 この試合は「日本生命セ・パ交流戦」の開幕戦のひとつ。日本生命保険相互会社は、交流戦の特別協賛社だ。始球式に登板した彼女たちは、交流戦のキャンペーン「セカパカ PLAY DREAM PROJECT」の応援キャラクターでもある。

 はじめに私立恵比寿中学の8名が登場し、マウンドで「全力☆ランナー」を披露した。続いて本田も登場。私立恵比寿中学の廣田あいか以外、始球式は今回が初めて。本田がまず第一投を投げると、ボールはコロコロと転がりキャッチャーミットにおさまった。続いて、私立恵比寿中学のメンバーが出席番号順に投球、3人のボールがノーバウンドでキャッチャーに届いた。

 一番手ピッチャー真山りかは「グループアイドルなので、誰か一人が投球するのではないかという不安があった」と笑うが、始球式史上おそらく最多の“1打者で9個”の連続ストライクを記録した。ちなみに打者はベイスターズの梶谷隆幸。

 投球後、出来栄えについて点数を聞かれた本田は「100点。初めてでとても緊張したが、思いっきり投げた」と答えた。

 また西武プリンスドームは、私立恵比寿中学のお姉さんグループになるももいろクローバーZの“聖地”だ。そこで投げた私立恵比寿中学の星名美怜は、「初めて私たちはこの西武プリンスドームに来た。ファンがすごい声援で応援してくれて嬉しかった。今まで紅白出場という夢があったが、もうひとつ『西武プリンスドームでライブがしたい』という夢ができた」と話す。

 試合は5-2でペイスターズが勝利した。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top