『ONE PIECE』劇場版主題歌にGLIM SPANKY | RBB TODAY

『ONE PIECE』劇場版主題歌にGLIM SPANKY

エンタメ 映画・ドラマ

『ONE PIECE FILM GOLD』(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会
  • 『ONE PIECE FILM GOLD』(C)尾田栄一郎/2016 「ワンピース」製作委員会
  • 「GLIM SPANKY」
ゲスト声優として満島ひかり、濱田岳、北大路欣也ら豪華俳優陣が出演していることでも話題の『ONE PIECE FILM GOLD』。この度、ゲスト声優のキャラクターたちも収められた本作の予告編がついに解禁! 併せて映画の主題歌に新進気鋭の男女2人組新世代ロックユニット「GLIM SPANKY」が大抜擢されたことが分かった。

“海賊王”を目指して新世界を旅するルフィたち麦わらの一味が訪れたのは、政府公認の独立国家、グラン・テゾーロ。世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集うその世界最大のエンターテインメントシティは、世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域”だった。そこでルフィたちの前に現れたのは、その国の支配者である黄金帝ギルド・テゾーロ。海賊、海軍、そして世界政府ですら容易く金の力で動かすテゾーロの底知れぬ野望が動き出し、いま、新世界の勢力図が塗り替えられようとしていた――。

週刊「少年ジャンプ」での連載開始から19年を迎える「ONE PIECE」。アニメに加え、公開の度に映画業界に大きな嵐を巻き起こしてきた劇場版シリーズが、この夏、3年半の沈黙を破り、前作を超える衝撃と興奮を与える最新作が誕生した。ゲスト声優には、謎の女・カリーナ役に満島さん、「ヌケヌケの実」の能力者・タナカさん役に濱田さん、「ラキラキの実」の能力者・バカラ役に菜々緒、革命軍の重要人物と噂されるレイズ・マックス役に北大路さん。そのほかケンドーコバヤシ、古田新太、コロッケ、「コロコロチキチキペッパーズ」ナダルらも参加する。

解禁となった待望の予告編は、「ようこそ、世界最大のエンターテインメントシティ、グラン・テゾーロへ!」というギルド・テゾーロが登場するところから始まる。そして、映画を彩るゲスト声優のキャラクターたちや、麦わら一味の闘いが盛り込まれた熱量と黄金溢れる映像が全世界初登場! さらに小島麻由美が手掛ける楽曲と、後半では迫力のあるバトルシーンとともに、今回発表された本作のエンディングとなるスピードあるロックチューンが流れ、原作者の尾田栄一郎こだわりの音楽とアニメーションの総合エンターテインメントの片鱗が感じられる予告となっている。


また、今回エンディングを彩る主題歌アーティストとして大抜擢されたのは、松尾レミ(Vo/Gt)と亀本寛貴(Gt)からなる男女2人組新世代ロックユニット「GLIM SPANKY」。松尾さんの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、すでに9つものCMで歌唱を担当している。今回、尾田氏の推薦により起用が決定。「ラジオで初めてこの歌声を聴いた瞬間からホレてました」と彼らに感じるものがあったと話す。また、「今回の映画『GOLD』は音楽による雰囲気作りがとても重要で、この声が欲しかったのです。皆様、ぜひ映画館で『GLIM SPANKY』のゴージャスな歌声にシビレてください!!」と熱く語っていた。

主題歌を担当した松尾さんと亀本さんは、驚きと喜びを語ると共に「かなり振り切れた曲ができあがりました。こんな泥臭いロックが大きな映画館で流れるなんてなんだか凄く面白い! GLIM SPANKY vs ONE PIECEという、共に闘う仲間感、出てると思います! 爆音で聴いてください!」(松尾さん)、「どんな曲を作れば良いかすごく悩みましたが、映画サイドからも色々な意見をもらいながら作り上げていく作業がすごく楽しかったです。映画の内容に負けない『GLIM SPANKY』らしいパンチのある曲になったと思います!」(亀本さん)と互いに楽曲について語った。これまで「DREAMS COME TRUE」、「Mr.Children」、アヴリル・ラヴィーンなど錚々たるアーティストが務めてきた映画『ONE PIECE』の主題歌。大抜擢された「GLIM SPANKY」は、新曲「怒りをくれよ」を本作のために書き下ろしている。

『ONE PIECE FILM GOLD』は7月23日(土)より全国にて公開。

【予告編】尾田栄一郎も絶賛!『ONE PIECE』主題歌にGLIM SPANKY大抜擢

《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top