【週刊!まとめ読み】Windows 10が放送事故の原因に!?/Google Chromeがシェアトップ | RBB TODAY

【週刊!まとめ読み】Windows 10が放送事故の原因に!?/Google Chromeがシェアトップ

IT・デジタル その他

テレビ局KCCIの公式サイトより(キャプチャ)
  • テレビ局KCCIの公式サイトより(キャプチャ)
  • PC用ブラウザシェアでGoogle Chromeが首位に!Internet Explorerが陥落 (c) Getty Images
  • 米ネット・アプリケーションズが公表した「Desktop Top Browser Share Trend(PC用ブラウザーシェア)」
 今週、RBB TODAYで扱った記事を振り返る「週刊!まとめ読み」。なかでも、Windows 10アップグレード通知が起こした放送事故や、PC用ブラウザシェアなどに注目が集まった。

 今回の事件は、米アイオワ州デモインのテレビ局KCCIのニュース番組で発生。気象情報の生放送中に、気象予報士のMetinka Slater氏が、デモイン周辺の降雨量マップを表示しようとしたところ、あろうことか「Get Windows 10」のポップアップが画面上に表示。日本であれば完全な放送事故だが、そこはアメリカ。Metinka Slater氏は、ポップアップが表示されてから数秒後に事態に気づくと、「MicrosoftがWindows 10へのアップグレードを勧めていますね、どうしましょう?」と笑いながら一言。さらにMetinka Slater氏は「今夜も強風が吹き荒れるでしょう。Windows 10へのアップグレード通知ポップアップが何度も出てくるようにね」とウィットに富んだブラックジョークで番組を締めた。

 PC用のブラウザ市場で、ついに大逆転が起こった。米ネット・アプリケーションズが公表した「Desktop Top Browser Share Trend(PC用ブラウザシェア)」によれば、4月の全世界における順位はGoogle Chromeが41.66%で首位、Internet Explorerは41.35%で2位となっている。Internet Explorerのリリース元であるMicrosoftは、最新の基本ソフト「Windows 10」に新ブラウザ「エッジ」を搭載して巻き返しを図ったが、「エッジ」のシェアがInternet Explorerのシェアに含まれていることからも分かる通り、ユーザーの離反は食い止められていない。時すでに遅しといったところか。

■今週のピックアップ
・天気予報中にWindows 10アップグレード通知の放送事故!気象予報士がとった対応は?
・PC用ブラウザシェアでGoogle Chromeが首位に!Internet Explorerが陥落

■注目ニュース
・自動で自転車のタイヤに空気を入れるスグレもの!
・自作のホバーバイクが宙を舞う!そんな未来がすぐそこに!?
・たった60秒で電動アシスト付き自転車に大変身!
・さらに自由に、日本マイクロソフトが就業規則を変更! テレワークを推進
・東芝、新社長に綱川智氏

■おすすめの連載・特集
・【今週のエンジニア女子 Vol.29】仕事がとてもリアルに感じられる…横田紋奈さん
・CPUガチャ、大阪のパソコンショップで設置開始!
・【レビュー】変形ACタップいろいろ…置き場所しだいで使い分け
・【オトナのガジェット研究所】これで手描きデータが身近に!? コンパクトな電子ペーパーパッド

■おしらせ
話題のインバウンドビジネスが分かる!「トラベルジャーナル MEMBERS」始動!

 RBB TODAYとトラベルジャーナルは、日本で最も歴史のあるツーリズムビジネス専門誌『週刊トラベルジャーナル』の記事のほぼ全てを会員限定コンテンツとして提供する「トラベルジャーナル MEMBERS」を開始しました。観光やインバウンドにまつわる経営戦略や行政の動きを幅広く追いかけ、地方創生、オリンピックといった注目のキーワードを分析・取材したコンテンツが満載です。

>>>コンテンツを読む<<<
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top