自動で自転車のタイヤに空気を入れるスグレもの! | RBB TODAY

自動で自転車のタイヤに空気を入れるスグレもの!

IT・デジタル その他

走行中にタイヤの空気圧が下がっていることを感知し、自動的に空気を注入してくれる「PumpTire」
  • 走行中にタイヤの空気圧が下がっていることを感知し、自動的に空気を注入してくれる「PumpTire」
  • 走行中にタイヤの空気圧が下がっていることを感知し、自動的に空気を注入してくれる「PumpTire」
 開発中の「PumpTire」は、なんと自転車の走行中にタイヤの空気圧が下がっていることを感知し、自動的に空気を注入してくれる優れものだ。以前から「空気が減らないタイヤ」は存在したが、そうした商品は内部にジェルなどが入っているため、空気のタイヤと比べるとクッション性が低く、重いという難点があった。「PumpTire」はユーザーが設定した空気圧を常に保ち、理想のサイクルライフを実現してくれる。

 仕組みはシンプルで、タイヤとチューブの間に専用のポンプが入っており、空気圧が指定値を下回ると、タイヤが伸縮する際に空気が注入される(特許出願中)。パンクに強いインナーチューブが採用されているということで日常利用にも心強い。すでにプロトタイプは完成しており、今年の年末にはクラウドファンディングKickStarterに登場予定ということで、そちらを楽しみに待ちたいところだ。
《Tsujimura》

特集

page top