LTE常時接続がノートパソコンのスタンダードに?5G時代にクアルコムが目論む戦略とは? | RBB TODAY

LTE常時接続がノートパソコンのスタンダードに?5G時代にクアルコムが目論む戦略とは?

IT・デジタル モバイル

SIM PCのエコシステムを語るスピーカーたち
  • SIM PCのエコシステムを語るスピーカーたち
  • Qualcomm Tech Summit
  • 会場となったマウイ島のリゾートホテル
  • Summit開幕
  • クアルコム エクゼクティブバイスプレジデントのChristiano Amon氏
  • マイクロソフト エクゼクティブバイスプレジデント Terry Myerson氏
  • ASUS CEO Jery Shen氏
  • HP バイスプレジデント Kevin Frost氏
 日本ではPCが売れないと言われている。若い世代にPCを使える人も減っているという。グローバルでもそうなんだろうか。実は、その状況が変わろうかというテクノロジーがクアルコムより発表された。

 クアルコムはAndroidスマートフォンのプロセッサではグローバルスタンダードのメーカー。Androidスマートフォンのうち40%前後がクアルコムのSnapdragon(スナップドラゴン)というプロセッサを搭載していると見られている。PCやスマートフォンのプロセッサ(半導体)を開発しているメーカーはメジャーなところだけでも十数社ある中で、市場をほぼ独占しているとみてよい。

 業界では知らない人はいないほどメジャーな企業だが、エンタープライズ向けであり市場トップの余裕からか、これまであまり派手なプロモーションはおこなっていない。そのクアルコムが、12月5日から7日の3日間、ハワイ マウイ島のビーチリゾートホテルを会場にしてプレスカンファレンスを開催。27カ国300人以上の報道関係者およびアナリストが参加した。

会場となったマウイ島のリゾートホテル
会場となったマウイ島のリゾートホテル


Summit開幕
Summit開幕


 まさに満を持してのプレスカンファレンスだが、場所がビーチリゾートというのも力の入れ方を感じる。学会や展示会でも、リゾート地の会議場やホテルを使うことはある。ハワイではオアフ島のコンベンションセンターを利用した国際会議は有名だが、マウイ島のビーチリゾートでのプレスカンファレンスは、知っている範囲のIT業界ではあまりない。時期的には、家族同伴でそのままクリスマス休暇がとれるようになっている。学会やカンファレンスをバケーションシーズンにあわせて、その週末はリゾートで家族サービスというのは、欧米ではめずらしくないパターンだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top