カメラと宅配ボックスをスマホで管理するホームセキュリティ | RBB TODAY

カメラと宅配ボックスをスマホで管理するホームセキュリティ

 LIXILは、スマートフォンを使って外出先から自宅の様子を確認できる「ホームネットワークシステム」を、6月から提供することを発表した。

IT・デジタル セキュリティ
ホームユニットを中核として、屋内/屋外カメラは100m、リンクスボックスは70mの見通し距離に対応する(画像はプレスリリースより)
  • ホームユニットを中核として、屋内/屋外カメラは100m、リンクスボックスは70mの見通し距離に対応する(画像はプレスリリースより)
  • 住宅の見守りを可能にする「ホームネットワークシステム」の主な構成。ホームユニットを軸に、屋内カメラ、屋外カメラ、カーポートカメラセットがラインナップされている(画像はプレスリリースより)
  • 不在時にも荷物の受け取りができ、スマートフォンによる遠隔地からの受け取り状況の確認ができる「リンクスボックス」の特徴(画像はプレスリリースより)
  • 大容量ポストの「ネクストポストL-1型」はタッチパネル電子錠を搭載し、リチウム電池で駆動するため配線工事も不要となっている(画像はプレスリリースより)
 LIXILは、スマートフォンを使って外出先から自宅の様子を確認できる「ホームネットワークシステム」を、6月から提供することを発表した。

 同システムは、屋内外のカメラ映像を無線LANを介して制御端末である「ホームユニット」に録画し、外部からスマートフォンなどで自宅の様子を確認することができるのが特徴。

 他にも同時発売のタッチパネル式電子錠搭載ポスト「ネクストポストL-1型」や、宅配ボックス「リンクスボックス」で不在時の荷物受け取りを可能とし、荷物が届いた際にスマートフォンに通知を行うといった拡張性を備える。

 運用に関しては、定額費用などは不要で、スマートフォン側で利用するアプリも無料で提供される。

 価格はいずれも消費税、工事費、配送費は別で、ホームユニットが25,000円、屋内カメラが33,000円、屋外カメラが電源直結タイプで43,000円/電源コード付きが45,000円、リンクボックスが99,200円からとなっている。

 また、同システムと同時発売となる「ネクストポストL-1型」は、メール便最大サイズ(360×260×35mm)にも対応し、6色のバリエーションを揃え、価格は消費税、工事費、配送費別で66,000円からとなっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top