【週刊!まとめ読み】Amazon「Dash Button」上陸/mixiに“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴 | RBB TODAY

【週刊!まとめ読み】Amazon「Dash Button」上陸/mixiに“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴

IT・デジタル モバイル

【週刊!まとめ読み】Amazon「Dash Button」上陸/mixiに“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴
  • 【週刊!まとめ読み】Amazon「Dash Button」上陸/mixiに“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴
  • 【週刊!まとめ読み】Amazon「Dash Button」上陸/mixiに“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴
  • 【週刊!まとめ読み】Amazon「Dash Button」上陸/mixiに“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴
 今週、RBB TODAYで扱った記事を振り返る「週刊!まとめ読み」。なかでも、Amazonの「Dash Button」やmixiのコラボ企画などに注目が集まった。

 Amazon Japanは5日、小型端末「Amazon Dash Button(以下、Dash Button)」を発売。「Dash Button」は、キッチンや水回りスペースなどに設置する物理ボタンで、自宅のWi-Fi経由でインターネットに接続し、家庭のさまざまな生活のシーンで、ボタンを押すだけで簡単に日用品を再注文できるようにするデバイスだ。年会費3,900円のプライム会員向けに販売され、価格は500円(税込)。同ボタンを使用してAmazon.co.jpで注文を行うと、初回のみ注文金額から500円が差し引かれるので、実質無料となっている。

 ASIAN KUNG-FU GENERATION(以下、アジカン)とmixiがコラボレーションして実施している、「mixi日記をリライトしてみよう」と題した企画が話題となっている。この企画は、アジカンが2004年に発売したセカンドアルバム「ソルファ」を再リリースすることから決まったもの。同年に誕生したmixiが、アジカンの人気楽曲「リライト」とかけて、過去の日記をリライトしないかとユーザーに提案している。

 企画内では、自身が過去に書いた日記や、友達(マイミク)の日記が同サービストップにサジェストされ、大きく表示されていることから、青春時代の恥ずかしい思い出がリバイバルする形となったユーザーが続出。ネット上では、「mixiーーーーーーーーーーーーー!!!」「消してええええええ!!! 」といった怒りや悲壮感あふれるコメントがあふれる事態となった。

■今週のピックアップ
・Amazon、押すだけで日用品の再注文が可能な物理ボタン「Dash Button」を日本でもリリース
・mixiとアジカンのコラボ企画で、“黒歴史”がさらされユーザー悲鳴!

■注目のニュース
・「会社をゼロから作り直すつもりで取り組む」……WELQ問題でDeNA南場会長が謝罪
・KDDI、ビッグローブの買収を発表!2017年1月末までに完全子会社化
・Apple、iPhone 6sの予期せぬシャットダウン問題はバッテリーパックの製造プロセスに問題ありと説明…安全上の問題はなし
・iPhone 6sのシャットダウン問題、ソフトウェア・アップデートにより精査へ
・一括648円!ドコモの格安スマホ「MONO」、いよいよ9日に発売
・Amazon、倉庫ロボット「Amazon Robotics」を国内初導入
・レジの行列から開放!「Amazon Go」が2017年に登場へ
・Instagram、コメントの「オフ」機能や「いいね」機能を追加...フォロワーの削除も可能に

■おすすめの連載・企画
・「VIE SHAIR」は本当に耳が痛くならないヘッドホンなのか?試してみた【オトナのガジェット研究所】
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top