中居、「これは良くなかった…」“大失言”を反省 | RBB TODAY

中居、「これは良くなかった…」“大失言”を反省

エンタメ その他

 24日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ)に出演した中居正広が、かつてコンサートのMCでファンに言った“大失言”を告白し「あれは良くなかった」と反省する場面があった。

 この日はバラエティーで活躍する女性タレントをゲストに招き、各々のリアクションやトークのテクニックなどを語り合うという内容で放送された。

 そんななかでゲストMCの陣内智則が「中居さんはどっからアイドルらしからぬことを言うようになったんですか?」と中居に質問。

 デビューから25年間、SMAPとしてトップを走り続けてきた中居にもアイドルとしての“NG”があったのでは?と問う陣内に対し中居は「いや……今でもそれは守ってますよ」とわざとらしく返答。すかさず陣内が「守ってへんわ!」と反応するも、中居は「下ネタもダメだし……恋愛もダメだし……基本的にはファンの子が彼女だから」と続けてとぼけた表情をみせ、陣内をはじめ共演者たちの笑いを誘う。

 すると中居は何かを思い出したような顔になり「俺、1回ね、これは良くなかったなって思ったのが……」と過去のコンサートでの“大失言”の話を始めた。中居によれば東京ドームのライブで挨拶するときの「お前らは俺にとって家賃だから!光熱費だから!携帯代だから……みんなが金の源だから!」と叫んだという。笑いを取りにいったつもりだったが客席は笑うどころか沈黙。全く受けなかったと当時を振り返った。中居はあまりの滑りっぷりに言い過ぎたと思ったらしく「あ、これダメなんだ~みたいな」と反省したのだという。

 これを聞いたゲストの女性タレントたちは「笑えない笑えない」と一斉に反応。陣内が「今ならうける」とフォローするも中居は「今でも笑えないだろ」と苦笑いしていた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top