長瀬智也、全裸で部屋に侵入した思い出を告白 | RBB TODAY

長瀬智也、全裸で部屋に侵入した思い出を告白

エンタメ その他

宮藤官九郎/写真:鴇田 崇
  • 宮藤官九郎/写真:鴇田 崇
  • 宮藤官九郎監督、桐谷健太、尾野真千子 映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』完成披露試写会(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
 TOKIOの長瀬智也が1日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 猫愛しすぎ合体SP」(日本テレビ系)に出演し、一緒に出演した演出家の宮藤官九郎の部屋の窓に全裸で張り付いて驚かせようとした過去を告白した。

 ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」からの付きあいだという長瀬と宮藤。最近では宮藤が監督した映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」で長瀬が主演をつとめている。番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から2人の思い出深いエピソードを聞かれると、長瀬は地方ロケでのエピソードを語り始めた。

 地方ロケに行った際、宮藤を驚かせようと考えた長瀬は宮藤が部屋に戻る前に先に部屋に侵入。なんと全裸になって窓枠に張り付いてカーテンを閉めて待ち伏せしたという。当然外からは長瀬の全裸の後姿が丸見えの状態。

 くりぃむしちゅー・有田哲平から「でも帰ってきてカーテンを開けるとは限らないかもしれないじゃないですか?」と、宮藤に気付かれないままになる可能性を指摘されると、長瀬は「様子を見ていいタイミングで自分から出よう」と考えていたという。

 しかし何も知らない宮藤はほろ酔い状態で部屋に戻ってくるとすぐに寝始めたのだとか。すでに10分ほど裸で窓に張り付き「熱気で窓ガラスが曇るほど」になっていたという長瀬は、寝始めた宮藤を見て「まずい」と思い威勢よく「お疲れ様です!!」と宮藤の前に現れたというが、宮藤は普通に「お疲れ様です」と返答。ものすごく驚いてくれることを期待していた長瀬は肩すかしを食らうことになってしまったという。

 上田から「普通“うわ、何してんの”ってなるでしょう?」とツッコまれた宮藤は「びっくりしすぎて……だって全裸なんですよ」と、あまりの驚きで逆に無反応になってしまったと語り、「まず自分の部屋に長瀬君がいることも驚きだし、全裸で窓に張り付いてるのもびっくりだし、びっくりのびっくりで全然びっくりしなかった」と当時を振り返った。

 さらに宮藤はその際、ちょうど長瀬にプレゼントしようと思っていたTシャツを持っていたそうで、思わず「あ、これ」とTシャツを普通に渡してしまったという。

 「着るものがないわけじゃないのに……」と申し訳なさそうに話す宮藤に長瀬も「ものすごいボケ殺しにあった感じ」と当時を思い出して笑っていた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top