ダルビッシュ、清原和博氏のブログに気づかず「申し訳ないです!」 | RBB TODAY

ダルビッシュ、清原和博氏のブログに気づかず「申し訳ないです!」

エンタメ ブログ

ダルビッシュ有 (c) Getty Images
  • ダルビッシュ有 (c) Getty Images
  • 清原和博(C)Gettyimages
 米レンジャーズのダルビッシュ有投手が、プライベートで元プロ野球選手・清原和博氏の息子たちのバッティングピッチャーを務めたことについて「いやいや清原さんに必要とされたら行くでしょ!」との思いをつづった。

 ダルビッシュは昨年末、清原氏が2人の息子とキャッチボールなどを楽しんでいるところへプライベートで訪問。そのことを清原氏が当時のブログで「ダルビッシュ投手!!サンタクロースなんか小学生の頃からいないと思っていた。サンタクロースが来た!!自分よりはるかに大きい!!ほんまに来てくれた!!」と無邪気に喜び、右肘のリハビリ中であるにもかかわらず左腕で投手を務めてくれたことに「何回もありがとう!ありがとう!心で叫び 言葉にした!!」と感謝の言葉をつづっていた。

 しかしその清原氏のブログに気づいていなかったというダルビッシュは25日、ブログを更新し、「俺は、なんで気づかない!! 清原さん、申し訳ないです!」と涙の絵文字付きで詫びた。

 また、ダルビッシュは清原から感謝されたことに恐縮し、「いやいや清原さんに必要とされたら行くでしょ!」と、球界の先輩を立てるとともに、「その日は夕方に子供達と野球をされている場所に行く予定だったんですが、ぶっちゃけ数時間前から準備完璧でした!(笑)」と、清原氏のもとへ行く気満々だったことも明かした。

 そして最後に、「清原さん!次は右腕でバッティングピッチャーをしたいので是非またお呼びをお待ちしております!」と、今後も訪問する意思を示した言葉で結んだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top