YOSHIKIがToshlとの再会からX JAPAN再結成に至るエピソードを涙で語る | RBB TODAY

YOSHIKIがToshlとの再会からX JAPAN再結成に至るエピソードを涙で語る

エンタメ その他

YOSHIKI【写真:竹内みちまろ】
  • YOSHIKI【写真:竹内みちまろ】
  • YOSHIKI【写真:竹内みちまろ】
  • YOSHIKI【写真:竹内みちまろ】
 24日、「SONGS」(NHK)でX JAPAN特集が放送。出演したリーダーでドラムのYOSHIKIがバンド再結成のきっかけになったボーカル・Toshlとの再会にまつわるエピソードを涙とともに明かした。

 1997年の年末に行った東京ドームライブを持って解散したX JAPAN。その翌年にはギターのhideがこの世を去る。YOSHIKIは「どん底に落ちた。全てが崩れてしまった」と当時を思い返す。

 バンドを復活させるつもりはなかったというYOSHIKIだが、解散から9年をへた2006年秋、Toshlからの電話を受けロスで8年ぶりに再会。これがきっかけでX JAPANは再結成へと動き出したという。番組では再会から再結成にいたるまでのストーリーをYOSHIKIが時折涙をみせつつ振り返った。

 再会して食事に出かけた2人は最初音楽の話はせず、元々同級生だったこともあって"小学校の時にああいうヤツいたよね"とか"アイツ野球へたくそだったよね"とかとりとめのない思い出話に花を咲かせていたそう。だがYOSHIKIは「ただ、そこにいたToshlはまだ違うToshlだった。やはり何十年も一緒だったので、目を1つ見れば僕は分かったんですね。僕の知ってるToshlじゃなかった。あの時は」と、かつての仲間に最初は違和感を感じたという。

「でも何か一緒にやっていけば知っているToshlが戻ってくるんじゃないかなって思った」というYOSHIKI。このときYOSHIKIはToshlにどうしても歌ってほしい曲があったという。それは亡きhideのことを思い書いた曲「Without You」で、再会後、2人だけでスタジオで演奏した際、Toshlの歌声を聴いたYOSHIKIは「楽しかった時代のX JAPANもToshlとの思い出も自分の中でよみがえってきて、同じようにToshlも歌っている瞬間は昔のToshlだというふうになってきて、これは再結成したらまた何かが変わるかな」と感じたと明かし、それがきっかけとなりX JAPANは再結成を果たしたという。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top