通り抜けるだけで身体の動きを3Dデータ化!スポーツ博に参考出展 | RBB TODAY

通り抜けるだけで身体の動きを3Dデータ化!スポーツ博に参考出展

エンタープライズ その他

3Dスポーツ動作解析システム「ランニングゲート」…通り抜けるだけで身体の動きをデータ化
  • 3Dスポーツ動作解析システム「ランニングゲート」…通り抜けるだけで身体の動きをデータ化
オープンイノベーションラボは、ランニングフォームなどの身体の動きを、従来よりも簡易的な仕組みを使って3Dデータ化し、解析するシステム「Running Gate(ランニングゲート)」を開発した。

同システムは、複数のセンサーが設置されたエリア内を人が通り抜けるだけで、リアルタイムで身体の動きを3Dデータ化して解析できる。特殊なマーカーや装置無しで、動作の特徴を解析したり、他者データと比較が可能。オープンイノベーションラボが進める研究プロジェクト「スポーツ&ライフテクノロジーラボ」の一環として、東京大学暦本研究室と共同開発した。

マイクロソフト製のKinect v2をセンサーとして採用。マーカーなどを人体に装着せずに、簡易な機器構成で動作情報を3Dデータ化できる。さらに、独自のデータ解析・処理手法を使用することで、取得した3Dデータから実寸値の推定、経過時間ごとのデータ差異を算出。対象者の身長や体格、歩幅・ピッチ・重心移動・足運びなどを割り出す。

ランニングゲートは、10月10日・11日に東京・駒沢オリンピック公園などで開催されるスポーツ博覧会・東京2015に、「自分のフォームがわかる!ランニングゲート」として参考出展される。

イベントでは、一般来場者に幅約10mのブース内を走り抜けてもらい、ランニングフォームを3Dデータ化。ランニングフォームの解析と、専門家による指導を行う体験型プログラムを実施する。事前申し込み不要で、誰でも参加可能。

3Dスポーツ動作解析システム「ランニングゲート」…通り抜けるだけで身体の動きをデータ化

《美坂柚木@CycleStyle》

関連ニュース

特集

page top