スマホの節電対策、1位は「ディスプレイの明るさを抑える」 | RBB TODAY

スマホの節電対策、1位は「ディスプレイの明るさを抑える」

エンタープライズ モバイルBIZ

バッテリーを長持ちするように工夫していること(n=342)
  • バッテリーを長持ちするように工夫していること(n=342)
  • 充電器の持ち歩き(n=342)
  • モバイルバッテリーについて(n=342)
  • モバイルバッテリーを購入するときに重視した点(n=183)
 MMD研究所は3日、「スマートフォンのバッテリーに関する調査」の結果を発表した。調査期間は5月22日~23日で、15歳以上の男女342人から有効回答を得た。

 まず、「バッテリーの持ちについて、スマホ購入時に気にするか」を質問すると、「意識する」41.2%、「やや意識する」42.1%で、計83.3%がバッテリーの持ちを意識していた。ユーザーの利用OS別ではiPhoneが79.6%、Androidが86.9%だった。「スマートフォン充電器(スマートフォンを購入した際に付属でついてきたもの)を外出時に持ち歩きますか」を聞くと、「常に持ち歩いている」は18.7%とそれほど高くない。

 次に、「スマートフォンのバッテリーを長持ちするように工夫していること」を聞くと、iPhoneユーザーでは「ディスプレイの明るさを抑えている」42.5%がトップ。以下「待機起動中のアプリを小まめに停止している」32.9%、「GPSやBluetoothなどの設定をOFFにしている」26.3%となった。Androidユーザーでは、「ディスプレイの明るさを抑えている」48.0%、「GPSやBluetoothなどの設定をOFFにしている」38.3%、「省電力モードをONにしている」35.4%となっている。

 「スマートフォン用モバイルバッテリー(外付けバッテリー)」の利用状況を聞くと、「所有していて、常に持ち歩いている」26.6%、「所有しているがふだんはあまり持ち歩いていない」26.9%で、所有者が過半数だった。これら所有者(183人)を対象に、「モバイルバッテリーを購入するときに重視した点」を聞くと「大容量」60.7%がトップで、以下「価格の安さ」58.5%、「急速充電」31.1%が続いている。

 また全員に「節電アプリ」についてきいたところ、iPhoneユーザーの32.3%、Androidユーザーの51.4%が「節電アプリをダウンロードしたことがある」と回答している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top