DAIGO、北川景子の誕生日に「24時間」マラソン……「HM(走ります)」 | RBB TODAY

DAIGO、北川景子の誕生日に「24時間」マラソン……「HM(走ります)」

 歌手でタレントのDAIGOが、走者に指名されていた日本テレビ系「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(8月22~23日放送)のチャリティーマラソンを「HM(走ります)」と受諾した。

エンタメ その他
DAIGO
  • DAIGO
  • DAIGO
 歌手でタレントのDAIGOが、走者に指名されていた日本テレビ系「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(8月22~23日放送)のチャリティーマラソンを「HM(走ります)」と受諾した。

 26日放送の同局系「幸せ!ボンビーガール2時間SP」では、先週19日の放送でDAIGOが指名を受けて以降、苦悩する姿を密着したVTRが流された。DAIGOは、マラソン走者の経験者で、MCを務めるTOKIOの山口達也らに相談。所属事務所社長とも対談し、社長からは「今後の人生でいろいろな意味でプラスになる」と思って、マラソン走者のオファーをすることを承諾したと説明された。

 また、自身がボーカルを務めるバンド・BREAKERZ・のメンバーにも相談。「24時間-」は全国ツアー期間中に行われ、ましてや同バンドは今月から2年3カ月ぶりの活動再開をしたばかりで、大事な時期でもあった。しかし、メンバーからは「俺らはDAIGOくんのしたいことを後押しする」と心強いエールを送られた。

 いろいろな苦悩、葛藤の中、26日の生放送で改めて、「24時間-」の総合司会を務めるフリーの羽鳥慎一アナウンサーから「24時間テレビチャリティーマラソン、走っていただけますか?」と尋ねられたDAIGOは「HMで」と“DAIGO語”で返答した。しかし、「HM」の意味が理解できない羽鳥アナらは戸惑いを見せ、その意味を質問するとDAIGOは「走り・・・ます」と走者になること受諾した。それを受けて、スタジオは拍手に包まれた。

 決断するまでについて、DAIGOは「まず最初に思ったのは、俺が長距離を24時間走れるのか?という不安があった」と切り出した。さらに「今回は全国からのたすきがあったり、自分でできるのかな?という不安があり、考えさせられた」と苦悩を吐露。しかし、全国の多くの人から励まされたといいい、「僕が走ることによって、『元気が出た』とか『すごく楽しみにしている』とか、そういう意味でニーズに応えたい」と決断に至ったことを説明した。そして、DAIGOは走る決断をしたことを「良かった」と前向きな姿勢を示した。

 DAIGOがチャリティーマラソンをスタートさせる「8月22日」は奇しくも、交際相手とされる女優の北川景子の誕生日。DAIGOにとって、是が非でも完走を果たし、祝福をしたいところであろう。
《花》

関連ニュース

特集

page top