古舘氏、「報ステ」の古賀氏発言を謝罪……「事態を防げなかった」 | RBB TODAY

古舘氏、「報ステ」の古賀氏発言を謝罪……「事態を防げなかった」

エンタメ その他

「報道ステーション」公式サイト
  • 「報道ステーション」公式サイト
 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が30日、自身がキャスターを務めるテレビ朝日系「報道ステーション」で、27日の放送でゲストコメンテーターで元経産省官僚の古賀茂明氏が自身の番組降板について「(首相)官邸の皆さんからバッシングを受けてきた」などと発言したことについて、謝罪した。

 27日の放送では、古賀氏が自身の降板について、「菅官房長官をはじめとして、官邸の皆さんからバッシングを受けてきた」などと発言。それに対し、古舘キャスターが「承服できません」と反論し、口論のような形に発展した。

 30日の放送では番組中盤、古舘キャスターが「先週、古賀茂明さんがニュースとまったく関係ないコメントをしました」と切り出した。続けて「番組としては、古賀さんがニュースと関係ない部分でコメントしたこと。これについては残念だと思っております」とコメント。さらに「テレビ朝日としましては、そういった事態を防げなかった一点において、テレビをご覧の皆様に重ねてお詫びをしなければならないと思っております」と語り、テーブルに手をつき、頭を下げた。

 古賀氏の発言に対し、菅義偉官房長官が30日の定例会見で「全くの事実無根だ。言論や表現の自由は極めて大事だが、事実に反するコメントを公共の電波を使って報道したことは、極めて不適切だ」と反論した。また、テレビ朝日広報部も「一部事実に基づかないコメントがなされたことについて、承服できない思いでおります」などとコメントしたことが報じられている。
《花》

関連ニュース

特集

page top