【オトナのガジェット研究所】Macユーザー必携の旅グッズ!? 世界で使える電源アダプタ「Twist Plus」 | RBB TODAY

【オトナのガジェット研究所】Macユーザー必携の旅グッズ!? 世界で使える電源アダプタ「Twist Plus」

IT・デジタル 周辺機器

MacBookのMagSafe電源アダプターと合体できるユニバーサル電源アダプター「Twist Plus」
  • MacBookのMagSafe電源アダプターと合体できるユニバーサル電源アダプター「Twist Plus」
  • それぞれのコネクターをドッキングさせる
  • MacBookにUSB充電対応機器、カメラのバッテリーパックなど3台のデバイスが同時に充電できる
  • プラグ部分。本体をひねると異なるプラグが飛び出してくる
  • メス側のプラグもユニバーサル対応
 スマホにタブレット、ノートPC、Bluetoothイヤホン、そしてウェアラブル端末。私たちは毎日、ポータブルデバイスを忙しく充電しなければならない生活を送っている。自宅に、そしてオフィスにはそれぞれのデバイスを充電するためのケーブルや充電器が散在している。

 日常を忘れて、ゆっくりと旅行を楽しむオフの時間にも、充電の必要なデジタルデバイスを持たずに出かけるわけにはいかない。ならば当然、出先で機器の充電が必要になる。思えば筆者が学生だった頃はまだ携帯電話もろくに普及していなかったので、海外旅行に出かける時に、現地でデジカメやスマホ、ノートPCをどうやって充電しようか、悩み調べる必要もなかったものだが、今では旅支度の時にはまっ先に「充電」のことに気が回ってしまう。

 多くの方々がご存知だと思うが、海外で日本の電化製品を使う際には電圧の違いに注意したい。日本国内の電圧は一般的に100Vだが、海外での電圧は110V~240Vまで幅広い。電圧が異なる地域で日本の電化製品をそのまま使ってしまうと、機器が故障したり、最悪の場合は発火により事故やケガを招く危険性もある。使用前には機器の本体や電源アダプターに記載されている対応電圧に関連する注意書きにもよく目を通しておきたい。

 一方、最近はノートPCやグローバルモデルのスマホなど、電源アダプターの使用可能電圧が100~240Vをカバーしている製品も多い。海外で使う際にも変圧器を必要としないので、携行品が一つ減って嬉しい。スマホやタブレット、最近発売されているデジカメなどはUSB充電もできるので、これを併用することでトランクの中にいくつもアダプタを放り込む手間はだいぶ軽減される。

 電圧の課題がクリアできたところで、海外旅行に出かける前にもう一つ、旅先での「コンセントプラグの形状」も把握しておきたい。世界中には大別して7種類の異なるプラグ形状があり、日本で使われているのは北米やカナダ、および中南米の一部国々でも使われている「A型」だ。海外旅行で人気のヨーロッパの国々では「C型」が多く、中国は地域によって千差万別だ。大きなホテルに泊まると、壁コンセントのプラグがユニバーサル仕様になっているものもたまに見かけるが、変換プラグをホテルで貸し出していることは非常に少ないようだ。

 筆者は以前、変換プラグを忘れてヨーロッパの大都市に出かけた時には、比較的大型の家電ショップに足を運んでも変換プラグが見つからず、大変苦労した経験がある。世界中を旅慣れた方々であればさまざまな変換プラグを準備して手元にお持ちかもしれないが、充電しなければならないデバイスの数が増えるほどに、持っていかなければならない変換プラグも増えてしまうのは手間でしかない。だからユニバーサル仕様の変換プラグを1台持っておくと非常に便利だ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top