LINEもハンズフリーで返せる!ビジネスマンのためのスマートイヤホン「APlay」【オトナのガジェット研究所】 | RBB TODAY

LINEもハンズフリーで返せる!ビジネスマンのためのスマートイヤホン「APlay」【オトナのガジェット研究所】

IT・デジタル ハードウェア

スマホにペアリングして、ハンズフリーで色んなアプリが操作できる“スマートイヤホン”「APlay」
  • スマホにペアリングして、ハンズフリーで色んなアプリが操作できる“スマートイヤホン”「APlay」
  • ベースはカナル型のBluetoothワイヤレスイヤホン。イヤーフックでしっかりと耳元に固定できる
  • Android 5.0以上のスマホに専用の「APlay」アプリを入れれば本機ならではのスマートな機能が利用できるようになる。iOSには今のところ未対応
  • 通知を音声で知らせてくれるアプリを選択
  • リモコンのボタンで音楽再生のほか、LINEへの返信などをコントロールする
  • 音楽を聴かない時はペンダントのように身に着けられる
 今回はスマホにペアリングして、ハンズフリーでいろいろなアプリを操作できるという“スマートイヤホン”「APlay」を紹介する。

 同機はパイオニアでカーナビゲーションシステムの開発を担当していた若手エンジニアたちが立ち上げた日本のベンチャー企業、ネインがクラウドファンディングサービスのMakuakeで出資を募り、商品化したBluetoothワイヤレスイヤホンだ。

 見た目には左右のイヤホンをつなぐケーブルがあって、マイク付きリモコンを搭載する普通のワイヤレスイヤホン。バッテリーボックスや通信モジュールを格納する大柄なコントロールボックスがないので、身軽に装着できそうではある。同機がスマートであることをうたっているのはそのデザインではない。音楽再生だけでなく、メッセンジャーアプリやLINEなどSNSアプリへの返信がイヤホンを身に着けたままできるという機能がスマートなのだ。

 まずは本体の基本スペックを整理しよう。ベースはaptX/AACの高音質コーデックに対応するオーディオ再生用の、両耳タイプのイヤホンだ。NFCは非対応なので、スマホなどプレーヤー機器とのBluetoothペアリングは手動で行う。内蔵バッテリーによる連続音楽再生は7.5~8時間まで対応。フル充電には2時間が必要。本体は生活防水対応なので、スポーツしながらでも汗濡れを気にせず使える。イヤーピースのほか、S/M/Lの3サイズが選べるイヤーウィングを装着して、耳にしっかりと固定ができる。ハウジングの外側にマグネットを内蔵しているので、左右のイヤホンを重ね合わせてネックレスのように身に着けられる。

 専用アプリ「APlay」と連携することで、スマホに届いた通知をイヤホンが自動で読み上げてくれたり、リモコンのボタンと音声入力によりLINEを返信できる機能が使える。あいにく本稿取材時点ではiOS版のアプリがまだリリースされていないため、iPhoneなどと使う場合には普通のBluetoothイヤホンとしての機能までに制約される。“スマートイヤホン”の機能をフルに体験したい場合は、Android 5.0以上のスマホが必要だ。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top