【ビジネスマンのMacスキル】入力が面倒なターミナルコマンドをアプリ化する! | RBB TODAY

【ビジネスマンのMacスキル】入力が面倒なターミナルコマンドをアプリ化する!

IT・デジタル モバイル

「アプリケーション」フォルダーの「ユーティリティ」に入っている「ターミナル」アプリでコマンドを実行したところ
  • 「アプリケーション」フォルダーの「ユーティリティ」に入っている「ターミナル」アプリでコマンドを実行したところ
  • 「アプリケーション」を選択すると、作成した自動化の手順をアプリとして保存できる
  • 「シェルスクリプトを実行」を右のエリアにドラッグ&ドロップして登録する
  • 1つめのコマンドを入力していくと途中で自動的に折り返されて複数行になるかもしれないが、そのまま入力を続けて、最後に[return]キーを押し、2つめのコマンドを入力する
  • アプリの保存場所は、デスクトップ以外にすること。デスクトップに作ったアプリを置いて起動すると、アプリのアイコンも消えてしまい、ターミナルを使わないと元に戻せなくなる
  • 「chflags hidden 」と入力して、デスクトップに作った「Test」フォルダーを入力したコマンドの末尾にドラッグ&ドロップする
  • コマンドの末尾に、「Test」フォルダーの場所「/Users/○○/Desktop/Test」が入力される。○○には、自分のユーザー名が入る
  • 複製を作って、「hidden」を「nohidden」に変える。保存するときに名前を「表示する」にしておこう
 いろいろな作業を自動化できる「Automator」。自動化の手順を自作アプリにできることを利用して、入力が面倒なターミナルコマンドをカンタンに実行できるようにしてみよう。

「Automator」でターミナルコマンドを実行する


 「Automator」には、いろいろな自動化の部品が用意されている。「ライブラリ」でジャンルごとに分類されているので、クリックして何ができるか見てみよう。

 今回使うのは、「ユーティリティ」に入っている「シェルスクリプトを実行」だ。これを使って、デスクトップのファイルやフォルダーを隠すアプリを作ってみよう。

 ターミナルでは、次の2つのコマンドを続けて実行する。

defaults write com.apple.finder CreateDesktop -boolean false
killAll Finder

「アプリケーション」フォルダーの「ユーティリティ」に入っている「ターミナル」アプリでコマンドを実行したところ
「アプリケーション」フォルダーの「ユーティリティ」に入っている「ターミナル」アプリでコマンドを実行したところ


 デスクトップのファイルを再表示するには、1つめのコマンドの「false」を「true」に変えて実行する。

 ターミナルのコマンドは長くて入力ミスしやすいものだが、「Automator」でアプリにしてしまえば、好きなときにダブルクリックで実行できるのがいいところ。

 さっそく「アプリケーション」フォルダーに入っている「Automator」を起動しよう。はじめに表示されるファイル選択画面で左下の「新規書類」ボタンをクリックする。次の書類のタイプを指定する画面では「アプリケーション」を選ぼう。

「アプリケーション」を選択すると、作成した自動化の手順をアプリとして保存できる
「アプリケーション」を選択すると、作成した自動化の手順をアプリとして保存できる


 左のリストの「ライブラリ」から「ユーティリティ」を選び、中央に表示された「シェルスクリプトを実行」を右のエリアにドラッグ&ドロップする。

「シェルスクリプトを実行」を右のエリアにドラッグ&ドロップして登録する
「シェルスクリプトを実行」を右のエリアにドラッグ&ドロップして登録する


 コマンドの入力欄に、先に紹介したコマンドを入力しよう。

1つめのコマンドを入力していくと途中で自動的に折り返されて複数行になるかもしれないが、そのまま入力を続けて、最後に[return]キーを押し、2つめのコマンドを入力する
1つめのコマンドを入力していくと途中で自動的に折り返されて複数行になるかもしれないが、そのまま入力を続けて、最後に[return]キーを押し、2つめのコマンドを入力する


 入力ができたら、「ファイル」メニューの「保存」を選び、「デスクトップを隠す」という名前で保存しよう。次に、「ファイル」メニューから「複製」を選び、1つめのコマンドの「false」を「true」に変え、「デスクトップを表示」という名前で保存する。

アプリの保存場所は、デスクトップ以外にすること。デスクトップに作ったアプリを置いて起動すると、アプリのアイコンも消えてしまい、ターミナルを使わないと元に戻せなくなる
アプリの保存場所は、デスクトップ以外にすること。デスクトップに作ったアプリを置いて起動すると、アプリのアイコンも消えてしまい、ターミナルを使わないと元に戻せなくなる


 Macをプレゼンに使うときや、スクリーンショットを撮るときは、「デスクトップを隠す」アプリを起動しよう。デスクトップが散らかっていても、一瞬ですっきりきれいにできる。

秘密のファイルを入れておける隠しフォルダーを作ってみよう


 次は、フォルダーの表示/非表示を切り替えるアプリを作ってみよう。

 まず、デスクトップに対象になるフォルダーを作る。ここでは「Test」フォルダーを作成した。「Automator」を起動したら、さっきと同じように書類のタイプを「アプリケーション」にして「シェルスクリプトを実行」を右のエリアにドラッグ&ドロップ。図のようにコマンドを入力しよう。

「chflags hidden 」と入力して、デスクトップに作った「Test」フォルダーを入力したコマンドの末尾にドラッグ&ドロップする
「chflags hidden 」と入力して、デスクトップに作った「Test」フォルダーを入力したコマンドの末尾にドラッグ&ドロップする


コマンドの末尾に、「Test」フォルダーの場所「/Users/○○/Desktop/Test」が入力される。○○には、自分のユーザー名が入る
コマンドの末尾に、「Test」フォルダーの場所「/Users/○○/Desktop/Test」が入力される。○○には、自分のユーザー名が入る


 コマンドが完成したら、「ファイル」メニューから「保存」を選んで、アプリとして保存する。ここでは「隠す」アプリにしてみた。続けて、表示するためのアプリも作っておこう。「ファイル」メニューから「複製」を選んで、コマンドの「hidden」を「nohidden」に変えて、「表示する」アプリとして保存する。

複製を作って、「hidden」を「nohidden」に変える。保存するときに名前を「表示する」にしておこう
複製を作って、「hidden」を「nohidden」に変える。保存するときに名前を「表示する」にしておこう


 これで、フォルダーを隠すアプリと表示するアプリができた。アプリを起動して、試してみよう。「Test」フォルダーに秘密のファイルを入れて普段は非表示にしておくと、なにかと安心だ。

わかりやすくするためアプリの名前を「隠す」「表示する」にしたが、ほかの人に推察されないような名前に変えておいてもいいだろう
わかりやすくするためアプリの名前を「隠す」「表示する」にしたが、ほかの人に推察されないような名前に変えておいてもいいだろう


 なお、「Test」フォルダーをほかの場所に移動するとアプリは正常に動作しなくなるので注意しよう。デスクトップ以外の場所に秘密フォルダーを作りたいときは、あらかじめフォルダーを作成してから紹介した手順を実行しよう。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top