Facebook、Messenger機能をプラットフォーム化……他アプリと連携可能に | RBB TODAY

Facebook、Messenger機能をプラットフォーム化……他アプリと連携可能に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「F8」での発表の模様
  • 「F8」での発表の模様
  • Messengerアプリから、連携アプリのインストールや呼び出しが可能
  • 連携アプリの管理画面
  • 連携アプリの一部
  • 「Businesses on Messenger」のイメージ
 米Facebookは25日、サンフランシスコで開催された開発者会議「F8」において、「Messengerプラットフォーム」の導入を発表した。サードパーティ開発者が、Messenger(Facebookメッセンジャー)と連携可能なアプリを簡単に作成できるようになる。

 Messengerは現在、月間6億を超えるユーザーが利用している。今回のプラットフォーム化では、すでに40以上のアプリが連携を発表しているという。

 友だちからのメッセージをMessengerアプリで受け取った場合、連携するアプリがある場合は、「Install」というボタンが表示される。これをタップすることでMessenger内からアプリを直接インストールすることが可能となっている。すでに連携アプリをインストール済みの場合は「Reply」となり、タップするとそのアプリが起動する。

 あわせてFacebookは、企業向けの「Businesses on Messenger」の概要も公開。ユーザーと企業の双方向コミュニケーションを可能とするもので、Messengerで最新情報を受け取ったり、問い合わせしたりできるという。注文内容の変更やトラッキング、返品といったアクションも可能だ。Businesses on Messengerはまずパートナー数社でスタートし、順次拡大する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top