たけし、『妖怪ウォッチ』の“コマネチ”パクリに苦笑い 「あれはマズイだろう」 | RBB TODAY

たけし、『妖怪ウォッチ』の“コマネチ”パクリに苦笑い 「あれはマズイだろう」

エンタメ ブログ

北野武
  • 北野武
  • ビートたけし
 お笑いタレントのビートたけしが23日、テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」に出演。人気アニメ「妖怪ウォッチ」に自身のギャグである“コマネチ”が登場したことに「あれはマズイだろう」と苦笑いした。

 番組では、大阪府の公式マスコットキャラクターである「もずやん」があまり認知されておらず、不人気ということで、出演者が解決策を議論。出演した大阪府の広報課の職員が「もずやん」に決めポーズなどを求め、その一つとして、たけしのギャグである“コマネチ”も披露させた。

 「もずやん」の“コマネチ”にたけしは笑って見ていたが、出演者でタレントの大竹まことが「なぜ他人のギャグを平気でパクるの?他人のギャグじゃないかよ」と声を荒らげた。

 すると、たけしがおもむろに「妖怪ウォッチをこの間見たら、こうやっているのがいるんだよ」と、自身のギャグである“コマネチ”をやって見せた。たけしは「あれ訴えてやろうかなと思ったよ。俺のギャグだろうがよ」と苦笑い。しかし、言葉とは裏腹にたけしはどこか嬉しそうに「妖怪ウォッチこうなんだよ」と再度“コマネチ”。「あれはマズイだろう」と言いつつも、子ども向け番組を観ていることに照れたのか、「言っている自分が恥ずかしい」と再び、苦笑いをしてみせた。
《花》

関連ニュース

特集

page top