Google GlassよりもグッとVRに踏み込んだ「Microsoft HoloLens」 | RBB TODAY

Google GlassよりもグッとVRに踏み込んだ「Microsoft HoloLens」

IT・デジタル モバイル

「Microsoft HoloLens」イメージ
  • 「Microsoft HoloLens」イメージ
  • Microsoftが発表したヘッドマウント型デバイス「Microsoft HoloLens」
  • よりVR的となった「Microsoft HoloLens」の利用イメージ
  • 壁に映像を投影したり机にものを投影する
 米Microsoftは21日(現地時間)、Windows 10関連のプレスイベントにおいてヘッドマウント型デバイス「Microsoft HoloLens」を発表した。3Dホログラムに対応したVR(バーチャル・リアリティ)デバイスだ。

 「Microsoft HoloLens」は、シースルータイプのヘッドマウントデバイスで、現実世界に3Dホログラムを重ねるようにして表示させることが可能。Windows 10搭載で、同OSと同時期の2015年後半に発売の予定となっている。

 プロセッサやストレージといったハードウェアの詳細はまだ明らかにされていないが、ホログラフィック専用のチップ「Holographic Processing Unit」を内蔵して、現実世界をマッピングしてそこに映像を映し出すなど、現実とVRの融合を図る。たとえば、現実世界の壁を認識してそこに映像を投影したり、机の上に実際にものがあるように投影したりといったことが可能になる。

 Windows 10には、「Microsoft HoloLens」向けにホログラフィックコンピューティング用のAPIがサポートされ、操作は指のジェスチャ、音声で行う。同じウェアラブルデバイスでも、Google GlassなどよりもぐっとVRに踏み込んだ、新しいコンセプトのコンピューティングデバイスと言える。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top