ウェアラブル端末、人気は「メガネ型」より「時計型」 | RBB TODAY

ウェアラブル端末、人気は「メガネ型」より「時計型」

ブロードバンド その他

知っているウェアラブル端末の名前
  • 知っているウェアラブル端末の名前
  • ウェアラブル端末の認知度
  • メガネ型/時計型ウェアラブル端末の利用意向
  • メガネ型のウェアラブル端末に求める機能
  • 時計型のウェアラブル端末に求める機能
 MMD研究所は、ウェアラブル端末に関する調査結果を発表した。調査時期は2月13日~2月15日で、15歳以上の男女2,203人から回答を得た。

 まず全員に「ウェアラブル端末を利用しているか・知っているか」を聞くと、「知っている(利用している)」6.6%、「知っている(利用していない)」33.0%、「名前は聞いたことはあるが意味は分からない」16.0%で、利用度6.6%、認知度55.6%となった。2014年6月の調査では、利用度4.8%、認知度が39.8%となっており、いずれの数値も上昇している。

 「知っているウェアラブル端末」(未発売製品を含む)について具体的に聞くと、「Google Glass」(グーグル)が70.6%で1位となった。ついで2位「Apple Watch」(アップル)57.6%、3位「SMART WATCHシリーズ」(ソニーモバイル)23.6%となっている。以下、数字は10%台ながら、「Gearシリーズ」(サムスン電子)、「SmartBandシリーズ」(ソニーモバイル)、「Moverio」(エプソン)、「JINS MEME」(JINS)、「NIKE+ FuelBand SE」(NIKE)など、幅広い商品が認知されていることが明らかとなっている。

 ウェアラブル端末の多くは現在、Google GlassやJINS MEMEのような「メガネ型」、Apple WatchやGearのような「時計型」に大別される。ウェアラブル端末を利用したことがない2,058人を対象に、それぞれの利用意向を聞いたところ、「メガネ型」は、「利用したい(6.5%)」「やや利用したいと思う(14.6%)」と合わせて21.1%が、「時計型」は、「利用したい(8.3%)」「やや利用したいと思う(19.0%)」と合わせて27.3%が、利用意向を示した。時計型のほうが若干利用意向が高い。

 そこで、ウェアラブル端末に求める機能を聞いたところ、メガネ型端末を利用したいと答えた人(N=435)では、「道案内、ナビゲーション」61.6%、「周辺情報通知/視界情報補足」57.5%、「写真・動画撮影」54.7%が上位となった。時計型ウェアラブル端末を利用したいと答えた人(N=563)では、「道案内、ナビゲーション」60.4%、「電話」48.0%、「音楽再生」45.6%となった。2014年6月の調査と比較すると、「道案内、ナビゲーション」が、メガネ型で25.0ポイント、時計型でが37.7ポイントと、大幅に上昇していた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top