がん闘病中の電撃ネットワーク・三五十五、1年半ぶりにイベント出演 | RBB TODAY

がん闘病中の電撃ネットワーク・三五十五、1年半ぶりにイベント出演

エンタメ その他

「電撃クレイジーナイト忘年会ダァー!」
  • 「電撃クレイジーナイト忘年会ダァー!」
  • 電撃ネットワーク(公式サイトより)
 肺がんで活動休止中のパフォーマンス集団・電撃ネットワークのメンバー・三五十五(さんごじゅうご)が21日、約1年半ぶりにステージに立つ。

 三五は昨年7月、肺がんの治療・療養に専念するため活動を休止すると電撃ネットワークの公式サイトで発表。その後、自身のブログでは、「早くも目が不自由になってしまったようでますます迷惑おかけているようです」と報告しており、病状の重さがうかがえた。

 だが、21日に東京・新宿の居酒屋・アントニオ猪木酒場 東京新宿店で行われるイベント「電撃クレイジーナイト忘年会ダァー!」に出演することが緊急決定。脳へのがん転移により、目が見えず手足も不自由という過酷な状態ではあるが、体調が急激によくなっていることを受けての判断だという。

 三五は、「まだ目は見えていない。手足もまだ完全じゃなくて歩けない。そんな状況なんですけど、体調はすこぶる良いので、挨拶だけでもと思いまして」とコメント。「1日も早く復帰したいんでね。様子見に顔だします。(笑)」と明るく語っている。
《原田》

関連ニュース

特集

page top