来週、九州南部でダブル観測!? 「おうし座流星群」と「しし座流星群」 | RBB TODAY

来週、九州南部でダブル観測!? 「おうし座流星群」と「しし座流星群」

ウェザーニューズは、17日にダブルで出現する「おうし座流星群」と「しし座流星群」について天候など発表した。

ブロードバンド その他
「おうし座流星群」と「しし座流星群」
  • 「おうし座流星群」と「しし座流星群」
  • 流星キャッチャー
 ウェザーニューズは、17日にダブルで出現する「おうし座流星群」と「しし座流星群」について天候など発表した。

 「おうし座流星群」には目立ったピークはなく、11月下旬にかけて緩やかな出現が続く予定。一方、「しし座流星群」のピークは18日の午前7時頃で、17日夜23時頃から18日午前5 時頃が観測に最も適した時間帯とのこと。「しし座流星群」を観測できる時間帯に「おうし座流星群」も見ることができる可能性があり、条件次第では2つの流星群を観測できる。

 ただ17日は低気圧が日本付近を通過し全国的に雲が多く雨が降るエリアが多くなる予想で、流星観測を楽しめるのは九州南部が中心で、その他のエリアは雲の隙間からの観測となるとしている。

 なお、同社では、流れ星が流れた際に3分以内に流星動画をスマホへ届ける“流星キャッチャー”の事前登録の受け付けを開始した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top