富士通研、従来の2倍となるWAN高速化技術を開発 | RBB TODAY

富士通研、従来の2倍となるWAN高速化技術を開発

 富士通研究所は16日、広域網(WAN)に適用することで、従来の2倍の速度向上が可能な高速化技術を発表した。

ブロードバンド テクノロジー
分散型WAN高速化技術のイメージ
  • 分散型WAN高速化技術のイメージ
  • 高速化の効果
 富士通研究所は16日、広域網(WAN)に適用することで、従来の2倍の速度向上が可能な高速化技術を発表した。

 「モバイル網と国際網」といった、データ欠落や遅延などの特性が異なる通信網を含むWANで、適用可能だという。従来のWAN高速化技術は、WAN内に特性の異なる通信網が含まれることが考慮されていなかった。

 新技術では、WANのなかに高速化装置を分散配置し、各装置間のネットワーク特性に応じて、コントローラーがもっとも適した通信プロトコル、およびその適用区間を自動選択する。国立情報学研究所(NII)と評価検証を行ったところ、モバイル端末を利用して国内から海外のクラウドサービスを利用した場合に、従来のWAN高速化技術に比べ約2倍の通信性能を確認したとのこと。

 本技術をNFVに適用することで、ファイアウォール、ロードバランサーなどのさまざまな通信機能と連携したきめ細かい通信サービスが提供可能になる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top