国内EC、BtoC市場は11.2兆円規模に成長……経産省発表 | RBB TODAY

国内EC、BtoC市場は11.2兆円規模に成長……経産省発表

ブロードバンド その他

日本のBtoC-EC市場規模の推移
  • 日本のBtoC-EC市場規模の推移
  • 業種別BtoC-EC市場規模の推移
  • 日本のBtoB-EC市場規模の推移(定義別)
  • 2012年  日本・米国・中国相互間の消費者向け越境EC市場規模(推計値)
 経済産業省は26日、電子商取引に関する市場調査の結果を発表した。調査期間は2013年1月~2013年12月で、日本、米国および中国の電子商取引市場を調査した。

 この調査は「2013年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」として実施されたもので、1998年度から毎年実施、今回で16回目となる。

 それによると、2013年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、11.2兆円まで拡大し、前年比17.4%増となっている。BtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模については、狭義(インターネットで商取引が行われる)BtoB-ECは186兆円(前年比4.4%増)に拡大、広義(インターネットに加え、VAN、専用回線、金銀手順などで商取引が行われる)BtoB-ECは269兆円(前年比2.8%増)に拡大した。

 また、商取引市場すべてに対する電子商取引の市場規模(EC化率)は、BtoC-ECで3.7%(前年比0.6ポイント増)、狭義BtoB-ECで17.9%(前年比0.4ポイント増)、広義BtoB-ECで25.9%(前年比0.2ポイント増)と、すべてが増加傾向を示した。

 日本の消費者による米国および中国事業者からの越境電子商取引(越境EC)による購入額は1,915億円だった。ちなみに、米国の消費者による日本および中国事業者からの越境ECによる購入額は7,197億円、中国の消費者による日本および米国事業者からの越境ECによる購入額は8,072億円だった。2020年時点での日本・米国・中国の越境EC規模は約6.7兆円に達すると推計されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top