【インタビュー】「魔法の天使 クリィミーマミ」太田貴子さん 前編 | RBB TODAY

【インタビュー】「魔法の天使 クリィミーマミ」太田貴子さん 前編

エンタメ その他

「魔法の天使 クリィミーマミ」太田貴子さん(森沢優・クリィミーマミ役)インタビュー 前編 今も、実生活が優ちゃんで、仕事がマミちゃん。
  • 「魔法の天使 クリィミーマミ」太田貴子さん(森沢優・クリィミーマミ役)インタビュー 前編 今も、実生活が優ちゃんで、仕事がマミちゃん。
  • 「魔法の天使 クリィミーマミ」太田貴子さん(森沢優・クリィミーマミ役)インタビュー 前編 今も、実生活が優ちゃんで、仕事がマミちゃん。
『魔法の天使 クリィミーマミ』はぴえろ初のオリジナルアニメとして1983年(~1984年)に制作、オンエアされた。魔法少女ものであり同時にアイドルアニメでもあるこの作品は徐々に人気を獲得し、最終回で視聴率20%超を記録。幅広い年齢層に支持され、その後も長い間ファンに愛され続け、2013年には30周年を迎えた。

『クリィミーマミ』には数々の魅力があるが、その中でもひときわ印象的なのがその声、そして歌だ。主人公・森沢優とクリィミーマミは、当時デビュー間もない新人アイドルだった太田貴子さんが演じることで、愛らしく初々しさに溢れたキャラクターとして完成した。
この度、Blu-rayメモリアルボックスの発売を記念して太田貴子さんにインタビューを行った。からりと晴れた太陽のような笑顔とともに、当時を振り返りながら語っていただいた。
[取材・構成: 細川洋平]

―アニメ!アニメ!(以下、AA)当時15歳、デビュー間もなく『クリィミーマミ』の主役に決まりました。当時の感想、印象など教えていただけますか。

―太田貴子(以下、太田)
日本テレビ『スター誕生!』でデビューしてから、新人というのもあって徳間音楽工業(現・徳間ジャパン)へご挨拶回りに行ったんです。その時に徳間書店にもお伺いして、当時すごくかわいがっていただいていた尾形さん(※)に、ちょっと貴子来い、って言われて。絵コンテを開いて見せてくれて、今度こういうアニメあるんだけど、どう思う? って。その絵コンテがすごくかわいかったんですよ。いいですね、って言うと、「これ、やるか?」って。鶴の一声でした(笑)。すぐに「やるやる、やらせて!」って返事をしました。今思えばほんとラッキーだったと思います。

―AA
『クリィミーマミ』では声優という以前に演じること自体が初めてのことでした。

―太田
私がすんなり入って行けたのは優ちゃんの方でした。自分の性格にも近かったですしね。マミちゃんの場合は大人の雰囲気が中々出せなくて苦労しました。いろんな方からいろいろな指導を受けて(笑)。そっかそっか、どうしようどうしよう、って思いながら自分なりに努力して、だんだん二役使い分ける様になったと思います。

第1話を見てもらうとわかると思うんですけど、ほとんど棒読みに近いセリフだと思うんですね。自分で見てても「(耳を塞ぎながら)わ~」って思います(笑)。布川さんからも最近になって、貴子はほんとに最初はとにかくへたくそでって、当時のことをけちょんけちょんに言われました(笑)。共演した声優さんも大御所ばっかりでプレッシャーはもちろん感じていましたね。そこで自分なりの努力と指導があった結果、優ちゃん・マミちゃんになれたんだと思います。

―AA
アフレコの現場はどんな様子でしたか。

―太田
当時は赤坂にある新坂スタジオ(現在は閉鎖)でアフレコしていたんです。スタジオには差し入れの食べ物がいっぱいあって、水島裕さんや井上和彦さんたちも接してみると優しいし、他のみなさんも個性的でマイペースな方ばっかりだったので、すごく楽しくできました。音響監督の藤山房延さん(現在は『藤山房伸』と表記)にもいろいろ教えていただいたり、かわいがっていただいたのを覚えています。

そういえば声を入れる時って、絵が全くなかったんですよ(笑)。モニターの中に出て来る棒線みたいなのを見ながらセリフを入れて、全くどういうふうになるのかさっぱりわからなかった(笑)。もちろんオンエアで、絵が入った作品自体はすごく楽しめました。高田先生が描いたキャラクターや衣装も当時からすごくかわいいって思ってました。

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
他に当時の思い出というのはありますか。

―太田
友だちからはマミちゃんってあだ名で呼ばれてましたね(笑)。「いつも見てるよ」とか「かわいいよね~」とかは言ってくれてましたね。あと私のイベントに来てくれたり。

私は80年代アイドルという括りに入ると思うんですけど、当時のイベントはすごかったんですよ。地方回りも多かったですけど、ディズニーランドにファンの人たちと一緒に行ったり、広島へグルメツアーに行ったり、ファンの方と食べまくりました(笑)。布川さんも一緒に来てスピーチもしてましたね。
地方回りではデパートの屋上で歌うことが多かったですね。雨の時はおもちゃ売り場に移って。そういう時は小さい子どもがすごく多くて、おもちゃを持って楽しそうにマミちゃんの歌を聞いててくれました。イベント会場やコンサートホールで歌うとなると今度は大人のファンの方がコスプレをして来てくださるんです。コスプレしてるだけあって、みなさんすごく盛り上がっていましたね。

―AA
コスプレですか。

―太田
ファンの方が面白いコスプレをいろいろと着てくるんですよ。それが楽しくて。女性はみなさんスタイルもいいし肌の露出も全然気にしていないみたいで、ステージの上から見ていてつい目が行ったりしました(笑)。

―AA
まだ15歳、苦労したという思いはありませんでしたか?

―太田
サイン会ではいつも2~300人は集まって2~3時間過ぎるなんてことはざらで、大変ではありましたけど、すごく楽しいからあっという間に終わるような感覚でした。苦労、というふうには感じていませんでしたね。やっぱり楽しかったですから。

―AA
主題歌や劇中歌など多数歌われていました。そして今でも歌われています。当時と今で、歌う際にお気持ちが変わった部分、変わらない部分というのはありますか。

―太田
当時はアイドル全盛期でしたし、マミちゃんの歌ということはあまり意識してなくて、与えられた歌を楽しくみなさんと盛り上がりたいって考えていました。
今は今で新鮮に歌っています。今は当時のファンの方も一緒に年を取りましたが、結婚されてお子さんもいらっしゃったりして、そのお子さんにも受け継がれていたりしますから。マミは褪せることなく、私や、ファンの皆さんをいつも初々しい気持ちにしてくれますね。
コンサートでは最近女性ファンがすごく多くてびっくりしてます。もちろん男性ファンもいますが、女性の比率がすごく高くなっているんですよ。嬉しいことだなあって思います。

後編に続く 

「クリィミーマミ Blu-rayメモリアルボックス」
発売日: 2014年5月28日
店頭予約締切日:4月16日(水)
税抜価格: 45,000円

5月28日発売

[各種特典]
キャストインタビューを含む解説書(24P予定)
[特典DISC]
「永遠のワンスモア」<1984年制作OVA版>/「永遠のワンスモア」<1984年制作 TV放映版>
[特典DISC2]
「ロング・グッドバイ」<1985年制作OVA>
「ミンキーモモVSクリィミーマミ 劇場の大決戦」<1985年制作劇場用公開映像>
ノンテロップOP・ED集(全5パターン)<1983年~84年制作>
「クリィミーソープ」<1987年制作OVA>
新作ピクチャードラマ<2014年制作>/デジタルギャラリー(静止画)
[映像特典]
「ラブリーセレナーデ」<1985年制作 ミュージッククリップ>
「カーテンコール」<1986年制作 ミュージッククリップ>
「Zutto Kitto Motto」<1998年制作 ミュージッククリップ>
[音声特典]メインキャスト・スタッフによる初のオーディオコメンタリー
DISC1 第1話「フェザースターの舟」 : 太田貴子、水島裕、肝付兼太、三田ゆう子
DISC2 第10話「ハローキャサリン」 : 太田貴子、水島裕、肝付兼太
DISC3 第23話「星のパラソル」 : 太田貴子、水島裕、島津冴子、井上和彦
DISC4 第26話「バイバイ・ミラクル」 : 太田貴子、水島裕、布川郁司
DISC5 第35話「立花さん、女になる!?」 : 太田貴子、水島裕、井上和彦
DISC6 第46話「私のすてきなピアニスト」 : 太田貴子、水島裕、藤山房伸
DISC7 第52話「ファイナル・ステージ」 : 太田貴子、水島裕、高田明美
[他、仕様]
BOX、インナージャケットは高田明美による描き下ろしイラスト

「魔法の天使 クリィミーマミ」太田貴子さん(森沢優・クリィミーマミ役)インタビュー 前編 今も、実生活が優ちゃんで、仕事がマミちゃん。

《animeanime》

関連ニュース

特集

page top