パイオニアら、最大512GBの次世代光ディスクを共同開発……現行BDドライブで再生可能 | RBB TODAY

パイオニアら、最大512GBの次世代光ディスクを共同開発……現行BDドライブで再生可能

ブロードバンド その他

開発ロードマップ
  • 開発ロードマップ
  • ガイド層分離型多層ディスク構造
  • ディスクの仕様
 パイオニアとメモリーテックは13日、片面に256GBの容量を有する“データアーカイブ用大容量光ディスク”を共同で開発したことを発表した。両面化技術を用いることで、最大512GBまでの大容量化も可能とのこと。

 新開発の光ディスクは、記録層とガイド層を別にした「ガイド層分離型多層ディスク構造」を採用しており、光ディスクの片面に記録層を8層積層することで、256GBの大容量を実現した。

 既存フォーマットとの親和性にも優れ、特殊な信号処理を用いることなくブルーレイディスク対応ドライブでも再生できる(一部ピックアップやファームウェアの変更が必要)。逆に光ディスクの記録装置は、現行のブルーレイディスクへの記録・再生が可能となっている。

 すでにパイオニアとメモリーテックは、本技術を用いて片面10層のサンプルディスクの試作に成功。両面で720GBの容量を実現できることも確認済みとのこと。将来的に、ブルーレイ同等ではない、新たな信号処理方式を用いた場合は、1層あたりの記録容量を増やし、12層以上積層することで1TB以上の大容量も実現可能と見られる。

 開発には、メディアメーカーである三菱化学メディアも技術協力しており、今後は市場導入に向けた協議を進める。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top