パナソニックとFacebook、大規模データアーカイブシステム「freeze-ray」を共同開発 | RBB TODAY

パナソニックとFacebook、大規模データアーカイブシステム「freeze-ray」を共同開発

エンタープライズ ハードウェア

「パナソニック」サイト
  • 「パナソニック」サイト
  • 「Facebook」サイト(公式ページ)
 パナソニックは6日、光ディスクを使ったデータアーカイブシステム「freeze-ray」を米Facebookと連携して開発したことを発表した。

 「freeze-ray」は、数百枚の光ディスクが組み込まれたデータセンター向けのアーカイブシステムで、長寿命、後方互換、低消費電力、環境変化への耐性などが特徴。

 パナソニックが高密度光学技術、主要装置(光ディスク、ドライブ、関連ロボット)、そしてデータセンターでのシステム制御を簡単にするライブラリソフトを開発。Facebookは、データセンターのストレージシステムの設計、配備、管理、整備に関する専門知識の提供を行った。

 Facebookは、同社のデータセンターに第1世代となる100GBのBlu-rayディスクによる「freeze-ray」を配備済み。2016年後半には第2世代の300GBディスクによるシステムをデータセンターに配備する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top