松本人志、“不仲説”の爆笑問題・太田に「ありがとな」……「いいとも」CM中に起きた奇跡 | RBB TODAY

松本人志、“不仲説”の爆笑問題・太田に「ありがとな」……「いいとも」CM中に起きた奇跡

エンタメ その他

松本人志/写真:鴇田 崇
  • 松本人志/写真:鴇田 崇
  • タモリのステージだったからこそ奇跡の共演は起きた?
 3月31日に放送された「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の最終回特番「笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号」で、不仲説がささやかれていたダウンタウン、とんねるず、爆笑問題が奇跡の共演を果たした。お笑い芸人・千原ジュニアは、1日に放送されたMBSラジオ「アッパレやってまーす!」でその舞台裏を明かした。

 「感謝の超特大号」収録の、“共演NG”の彼らがすれ違ったりなどしないように配慮されている状況に、千原ジュニアは「同じお笑い芸人で、しかもある意味こんなお祭りのときに」と複雑な感情を抱いていたという。しかし、事件は起きた。タモリと明石家さんまのフリートーク中に、まずウッチャンナンチャンとダウンタウンが登場。その後、とんねるず、爆笑問題、ナインティナインが乱入し、不仲を噂されていた芸人たちが同じステージに立ち、トークを繰り広げたのだ。

 千原ジュニアは打ち上げで、とんねるず・石橋貴明からその経緯を聞き出したという。松本の「(ここに)とんねるずが来たらネットが荒れる」という不仲をネタにした発言の際、石橋は楽屋にいたのだが、その瞬間に「(相方・木梨憲武に)行くぞと言え」とマネージャーに伝えた。木梨も即承諾。石橋はさらに爆笑問題にも誘いをかけ、爆笑問題も二つ返事で話にノッた。ステージで石橋は「(共演の)キーマンは石橋だってネットで書いてあった」と話していたが、まさにその通りだったようだ。

 また、千原ジュニアは、松本がCM中に爆笑問題・太田光に「ありがとな」と声をかけていたことも明かす。そして、奇跡が起きたのは「いいとも」だったからこそだと賞賛した。
《原田》

関連ニュース

特集

page top